Column

関西高等学校 【中国代表】

2010.11.10

関西高等学校中国・岡山5年ぶり4回目一覧へ戻る

チーム紹介

  • 旧チームからの経験者は小倉、福井、渡邊、堅田、水原など。新チーム結成当初はこの5人がチームを引っ張ったが、中国大会に入ってからは他のメンバーも頭角を現してきた。
  • 特に目立ったのは9番の関。4試合で12打数9安打、チームで唯一全ての試合でヒットを放った。
  • チームが一番苦しんだのは準々決勝の岡山学芸館戦。小倉や渡邊ら上位打線がことごとく抑えられたが、小林以下の下位打線で7安打を記録した。
  • 渡邊主将は「3点を取って2点以内に抑える野球が理想」と話す。投手2枚看板が安定しているからこそ、3点取れればという気持ちが強い。
  • 守りは失策が4試合で4つ。大きな不安はないが、敢えて挙げるなら1年生捕手・畑の経験か。江浦監督は「良いものを持っている」という畑だが、いかんせんまだ1年生。堅田、水原という経験豊富な投手がどれだけサポートできるかがカギになる。
  • 決勝では水原が登板したため、堅田がライト、渡邊がショートを守ったが、堅田がマウンドの時は、渡邊がレフト、妹島がライトに回り、水原はショートを守る。

投手紹介

  • 中国大会4試合無失点で優勝。公式戦12試合を通しても失点がわずかに4と、投手力には絶対の自信を誇る。特に堅田、水原の左右ダブルエースへの信頼は大きい。
  • 背番号1の堅田は最速145キロ。球種がスライダー、カーブ、チェンジアップとどれも決め球にできるのが特徴。中国大会準決勝の総合技術戦では、1対0のゲームだったが、三塁を踏ませぬピッチングで危なげなかった。公式戦では現在30イニング連続無失点中。江浦監督も「堅田なら何とかしてくれる」と話す。
  • 右の水原は新チームになってショートと兼任。中国大会で1回戦で1イニング、決勝では9回を投げ切って完封した。こちらも直球の最速は140キロを超える。さらにスライダーとシンカーが武器でテンポの良い投球術が光る。

公式戦12勝0敗

  勝ち上がり   相手
県東部地区予選 第1戦 7 – 0 岡山朝日
第2戦 1 – 0 興陽
第3戦 10 – 1 備前緑陽
第4戦 21 – 0 岡山御津
岡山県大会 1回戦 4 – 0 倉敷
準々決勝 11 – 1 水島工
準決勝 3 – 1 共生
決勝 17 – 1 創志学園
中国大会 1回戦 11 – 0 徳山商工
準々決勝 3 – 0 岡山学芸館
準決勝 1 – 0 総合技術
決勝 4 – 0 創志学園

中国大会での登録選手

背番号   名前 学年 身長 体重
1   堅田 裕太 2 175 75
2   畑 涼介 1 173 63
3   渡邊 雄貴 2 180 74
4   福井 寛十郎 2 171 69
5   小林 一樹 2 172 72
6   水原 浩登 2 178 78
7   大重 秀一 2 166 68
8   小倉 貴大 2 167 61
9   妹島 正明 2 167 62
10   小山 悠也 2 170 69
11   陶山 篤紀 2 166 55
12   戸田 裕基 2 173 76
13   関 泰典 2 175 80
14   金島 規希 2 171 62
15   田代 裕樹 2 171 67
16   藤井 廉 2 161 59
17   堀北 勇人 2 167 58
18   加藤 大地 1 175 68
記録員 前原 将志
監督 江浦 滋泰
部長 守安 基弘

決勝でのオーダー

ポジション 名前
小倉 貴大
妹島 正明
福井 寛十郎
渡邊 雄貴
堅田 裕太
小林 一樹
水原 浩登
畑 涼介
関 泰典

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?