試合レポート

横浜vs高崎商

2010.11.03

横浜vs高崎商 | 高校野球ドットコム

金井投手(高崎商)

高崎商、終盤追い上げたもののあと一歩及ばず

 今大会優勝候補の筆頭といわれている横浜の登場で、平日にもかかわらず多くの観客でスタンドは埋まった。

今年の横浜は、相手を圧倒するような強さを示すというものではないが、この試合でも1、2、5回にそれぞれ2死走者なしから得点したように、打線のしぶとさが印象に残った。
これに対して、高崎商は終盤に粘りを見せて食い下がり、最後はどうなるかわからないという試合となった。

初回の横浜は2死後、四球の近藤君が二塁盗塁すると、樋口君が左越二塁打して返す。
2回にも、2死からの四球の走者を九番青木君が左中間二塁打で返した。4回は、二つの死球と失策で1点を貰い、5回も2死から六番橋本君が中前打と暴投で二塁まで進むと、拝崎君の中越三塁打と失策でさらに2点が入った。
7回にも2点を追加した横浜は、その裏を0点に抑えれば、あっさりとコールドゲームで終わるところだった。

ところが、ここから高崎商は粘りと食い下がりを示した。
この回先頭の金井君は二塁打で出塁するものの2死となってあと一人。

ここで一番に戻ったが、川浦君が中堅手のグラブをかすめる二塁打で二塁走者を返すと、さらに湯浅君も中前へはじき返してこの回2点目。
内田君も右中間を破って湯浅君を返すと、四番木村君も一二塁間をゴロで抜いてこの回一気に4点を返した。

これで勢いづいた高崎商は、6回からリリーフしていた左腕関君が打たれながらも何とかこらえて、8回、9回を0点に抑える。
もうひと反撃したい高崎商は、8回こそ簡単に3人で抑えられてしまったが、9回は先頭の関君が追い込まれながらも右越二塁打して望みをつなぐと、湯浅君の中前打で帰る。
これで先発左腕山内君を引きずり下ろした。


横浜vs高崎商 | 高校野球ドットコム

山内投手(横浜)

 急遽登板となった感じもあった齋藤健君に対しても、内田君がストレートの四球を選ぶと木村君がしぶとく中前打してついに1点差。
なおも、1死一二塁で一打同点、長打であれば逆転サヨナラという場面にまでなったが、ここで齋藤健君も何とか踏ん張った。
最後は、山崎君の一打はフラフラと一塁手頭上を襲ったが、橋本君が転倒しながら好捕して万事休す。

 前半は楽勝ムードの横浜だったが、最後は薄氷を踏む思いの勝利となった。
渡辺元智監督は、「こういう(甲子園出場のかかった)大会では、結果として勝つことができれば苦しんだことも薬になります」と、まずは勝てたことに安堵した。

投手陣に関しては、「山内は、内容としては悪くなかったと思いますが、丁寧に行こうとしすぎて少し球を揃えすぎましたね。そこを打たれてしまいました。齋藤は、県大会では腕を振れる本来の投球ができていたのですが、今日はそれができていませんでした」と分析していた。

 あと一歩及ばなかった高崎商・住吉信篤監督は悔しさをにじませながらも、選手たちの健闘と粘りは評価していた。

横浜さんが相手ということは特に意識はしていませんでした。ただ、2死からでも簡単に終わらないでしぶとく食い下がって来るところはさすがでした。ウチとしても、何とか相手に喰らいついていこうという姿勢は、特に後半は出せたのではないでしょうか。金井も出来としては決して悪くなかったと思います。ただ、結果としては前半の小刻みな失点が効きました」

(文・撮影=手束 仁)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード