News

【ドラフト特集】注目の高校生 指名されたのは!??

2010.10.29

【ドラフト特集】注目の高校生 指名されたのは!?? | 高校野球ドットコム

高校生の中で最初に名前を呼ばれた山下選手(習志野)

 1巡目は全球団が大学生投手を指名した今年のドラフト会議。
そんな中、高校生で1番最初に名前を呼ばれたのは、遠投120mの強肩、強打の捕手・山下斐紹習志野)だった。
4球団が競合した斎藤佑樹の外れ1位という形でソフトバンクが指名。
昨年こそ田上秀則が長打力を発揮したが、城島健司(現阪神)以来の正捕手を確立できていない。
期待された05年高校生ドラフト1位の荒川雄太(日大高卒)は伸び悩んでおり、その他の捕手は30歳前後。
1年目からファームでの出場機会に恵まれそうで、憧れている巨人・阿部慎之助のような打てる捕手を目指す。

 その山下を筆頭に、今ドラフトは高校生捕手の指名が5人(育成枠除く)と多かったことも1つの特徴。
将来性の高さを期待される184cmの大型捕手の中谷将大福岡工大城東・阪神3位)。
又野知弥とともに北海道初となる同じ高校から同時に2人指名、しかも同一球団から指名された西田明央北照・ヤクルト3位)。

今春のセンバツでも見せた自慢の強肩から投じられる低い球筋の送球に目を見張るものがある江村直也大阪桐蔭・ロッテ5位)。
昨夏甲子園優勝を経験している磯村嘉孝中京大中京・広島5位)と、各地区のナンバー1捕手の名前が読み上げられた。

中谷はバッティングがプロのレベルに達するには少し時間がかかりそうだが、阪神には城島がいるだけにじっくりレベルアップしていきたい。
西田、磯村はバッティングを伸ばす方向に進む可能性もあるだろうが、捕手で勝負するなら西田は中村悠平、磯村は會澤翼という年齢の近い先輩の背中をまずは追いかけることになる。

【ドラフト特集】注目の高校生 指名されたのは!?? | 高校野球ドットコム

選手権大会準優勝投手、注目の一二三選手は阪神へ

 大学生に好投手が多かったあおりを受ける格好で、高校生投手は12人(育成枠除く)と少人数となった。

一時は東海大への進学と見られていたものの、プロ志望届けを提出して注目された一二三慎太は阪神から2位指名を受けた。
阪神は野手としての可能性にも魅力を感じているというが、その身体能力の高さ、右肩の痛みで満足に投げ込みもできなかったにもかかわらず短期間でサイドスローに転向した対応能力、そして何より井川慶(ヤンキース)以来、スケールの大きさを感じさせるエースが出てきていない球団だけに、まずは再び甲子園のマウンドに立つ姿に期待したい。

4位の岩本輝南陽工)もまだまだ球のスピードは速くなるだろうし、伸びていきそうな投手である。

 巨人が2位で指名したのは糸満宮國椋丞。今夏の沖縄県大会で糸満を42年ぶりの決勝に導いた右腕で、その素材の良さは早くから注目されていただけに、育成にも力を入れる巨人の手腕が問われそうだ。

 大きく化ける可能性を秘めていそうなのが、西武が4位で唯一、指名した187cmの長身から投げ下ろす右腕・前川恭兵阪南大高)。高校時代は怪我が多かったように、まだ身体ができていない印象だが、西武にはお手本になる投手が多いだけに順調に成長すれば楽しみだ。

PL学園のスラッガーコンビは吉川大幾が中日2位、勧野甲輝が楽天5位での指名となった。楽天はこれまでのドラフトではまずは投手ということで、将来、中軸を担えるような打者をほとんど指名してこれなかったが、チームを背負って立つ長距離砲が喉から手が出るほど欲しているのが現状。同4位の榎本葵九州国際大付)、今季ファームで12本塁打をマークした08年ドラフト2位の中川大志らと競いながら大きく育つことを球団は望んでいる。

山田哲人履正社)は外れの外れとはいえ、本人も驚きの1位指名をヤクルトからもらった。現状では二遊間の若手選手で台頭してきているのは川端慎吾くらいなだけに、1年でも早く1軍に定着できる実力を身につけたいところだ。

日本ハムの外野陣は糸井嘉男こそしばらくは安泰だが、森本稀哲のFA流出の可能性、稲葉篤紀は来季で39歳を迎えるということがあり、高校生の外野手を2人獲りに来た。狙いは明確。広い札幌ドームを本拠地とするだけに、ただバッティングがいいだけでなく、俊足かつ守備もいい西川遥輝(智弁和歌山)、谷口雄也愛工大名電)をそれぞれ2位、4位での指名となった。

「情報不足による大失敗だった」と岡田彰布監督が嘆いたオリックスは1、2位とも高校生となった。
1位の後藤駿太前橋商)は三拍子揃った外野手で、2位の三ツ俣大樹(修徳)は上背こそないが馬力のある内野手。
助っ人選手に頼らず、数年後にはT-岡田の前後を彼らが打つようになっていれば面白い。

(文=鷲崎 文彦)

今年の高校野球のすべてが詰まった『検証甲子園2010』ご購入はこちら
講談社BOOK倶楽部


■ 2010ドラフト指名選手一覧

中日ドラゴンズ 1位:大野雄大(佛教大)
2位:吉川大幾 (PL学園)
3位:武藤祐太(Honda)
4位:森越祐人(名城大)
5位:関啓扶 (菰野)
選択終了
阪神タイガース 1位:大石達也(早稲田大)抽選ハズレ→榎田大樹(東京ガス)
2位:一二三慎太(東海大相模)
3位:中谷将大 (福岡工大城東)
4位:岩本輝 (南陽工)
5位:荒木郁也(明大)
選択終了
【育成枠】
1位:阪口哲也 (市立和歌山)
2位:島本浩也 (福知山成美)
3位:穴田真規 (箕面東)
選択終了
読売ジャイアンツ 1位:沢村拓一(中央大)
2位:宮國椋丞(糸満)
3位:田中太一 (大分工)
4位:小山雄輝(天理大)
選択終了
【育成枠】
1位:和田凌太 (広島工)
2位:岸敬祐(四国・九州IL愛媛)
3位:福泉敬大(関西独立・神戸)
4位:荻野貴幸(愛工大)
5位:財前貴男(エイデン愛工大OB BLITZ)
6位:成瀬功亮(旭川実)
7位:川口寛人(西多摩クラブ)
8位:丸毛謙一(大経大)
選択終了
東京ヤクルトスワローズ 1位:斉藤佑樹(早稲田大)ハズレ→塩見貴洋(八戸大)ハズレ→山田哲人 (履正社)
2位:七條祐貴(伯和ビクトリーズ)
3位:西田明央( 北照)
4位:又野知弥 (北照)
5位:久古健太郎(日本製紙石巻)
6位:川崎成晃(熊本ゴールデンラークス)

選択終了
【育成枠】
1位:北野洸貴(神奈川大)
2位:上野啓輔(四国・九州IL香川)
3位:佐藤貴規( 仙台育英)
選択終了

広島東洋カープ 1位:大石達也(早稲田大)抽選ハズレ→福井優也(早稲田大)
2位:中村恭平(富士大)
3位:岩見優輝(大阪ガス)
4位:金丸将也(東海理化)
5位:磯村嘉孝 (中京大中京)
6位:中﨑翔太 (日南学園)
7位:弦本悠希(四国・九州IL・徳島)
選択終了
【育成枠】
1位:山野恭介 (明豊)
2位: 池ノ内亮介(中京学院大)
選択終了
横浜ベイスターズ 1位:大石達也(早稲田大)抽選ハズレ→須田幸太(JFE東日本)
2位:加賀美希昇(法政大)
3位:荒波翔(トヨタ自動車)
4位:小林寛(大院大)
5位:大原慎司(TDK)
6位:福山博之(大商大)
7位:大原淳也(四国・九州IL/香川)
選択終了
【育成枠】
1位:松下一郎(関西外大)
選択終了
福岡ソフトバンクホークス 1位:斉藤佑樹(早稲田大)ハズレ→山下斐紹(習志野)
2位:柳田悠岐(広島経済大)
3位:南貴樹 (浦和学院)
4位:星野大地 (岡山東商)
5位:坂田将人 (祐誠)
選択終了
【育成枠】
1位:安田圭佑(四国・九州IL高知)
2位:中原大樹 (鹿児島城西)
3位:伊藤大智郎 ()
4位:千賀滉大 (蒲郡)
5位:牧原大成 (熊本城北)
6位:甲斐拓也 (楊志館)
選択終了
埼玉西武ライオンズ 1位:大石達也(早稲田大)
2位:牧田和久(日本通運)
3位:秋山翔吾(八戸大)
4位:前川恭兵 (阪南大高)
5位:林崎遼(東洋大)
6位:熊代聖人(王子製紙)
選択終了
育成枠
1位:()
千葉ロッテマリーンズ 1位:斉藤佑樹(早稲田大)ハズレ→伊志嶺翔太(東海大)
2位:南昌輝(立正大)
3位:小林敦(七十七銀行)
4位:小池翔大(青学大)
5位:江村直也 (大阪桐蔭)
6位:藤谷周平(南カルフォルニア大)
選択終了
【育成枠】
1位:黒沢翔太(城西国際大)
2位:山口祥吾(立花学園)
3位:石田淳也(NOMOベースボールクラブ)
選択終了
北海道日本ハムファイターズ 1位:斉藤佑樹(早稲田大)
2位:西川遙輝(智弁和歌山)
3位:乾真大(東洋大)
4位:榎下陽大(九産大)
5位:谷口雄也 (愛工大名電)
6位:斎藤勝(セガサミー)
選択終了
オリックスバッファローズ 1位:大石達也(早稲田大)抽選ハズレ→伊志嶺翔太(東海大)ハズレ→山田哲人(履正社)ハズレ→後藤駿太(前橋商)
2位:三ツ俣大樹(修徳)
3位:宮崎祐樹(セガサミー)
4位:塚原頌平 (つくば秀英)
5位:深江真澄(関西独立:明石レンジャース)
選択終了
東北楽天ゴールデンイーグルス 1位:大石達也(早稲田大)抽選ハズレ→塩見貴洋(八戸大)
2位:美馬学(東京ガス)
3位:阿部俊人(東北福祉大)
4位:榎本葵 (九州国際大付)
5位:観野甲輝 (PL学園)
選択終了
【育成枠】
1位:加藤貴大(北信越BC富山)
2位:木村謙吾 (仙台育英)
3位:川口隼人(滋賀高島ベースボールクラブ)
選択終了

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?