試合レポート

愛工大名電vs磐田東

2010.10.26

愛工大名電vs磐田東 | 高校野球ドットコム

愛工大名電・大村君

愛工大名電、中盤で持ち前の攻撃力を発揮し勢いの磐田東を粉砕

 2005年夏から3年連続出場を果たして以来、甲子園から遠ざかっている愛工大名電。このレベルの強豪校になると、丸3年以上甲子園出場から間があくと、周囲からは「低迷している」、「名電はどうしたんだ」というような声が聞かれるのはいささか気の毒でもある。とくに昨夏は中京大中京に、この夏は東邦に、ともにライバル校にコールドゲームで敗退してしまっただけに、そんなイメージを強く抱かせていたことも確かかもしれないのだが。それだけに、倉野光生監督としても、この秋の県大会優勝で、「何とかこちらへ風が吹いてきた」という感じがしたのも実感であろう。

 そして迎えた東海大会。やはりここで結果を残しておきたいというのが正直なところであろう。

 前日の1回戦で中京(岐阜)にコールド勝ちした磐田東は勢いがあった。初回、二番山本君は大きく左へ寄っていた中堅手の横を抜いていく三塁打で、中継が乱れる間に一気に本塁を突いて先制した。元気のよさは、前日から変わっていなかった。

 この1点を追いかける名電だったが、5回までは0行進。磐田東の左腕・永田君の力の入った投球に打ちあぐんでいた。そんな6回、倉野監督が「本来は中軸を打たせたい」と思っている一番村山君が左中間二塁打して突破口を開くと、バントで進み、三番田中君の二塁手を強烈に襲った三塁打で同点とした。ここで磐田東のベンチは思い切りよく、右サイドの小柄な寸田君と、まったくタイプの異なる投手をつないだが、名電は大村君がすかさず右犠飛を放って逆転した。

 これで本来の攻めていく野球の主導権を握った名電は、さらに7回にも六番清岡君の安打から好機を作る。寸田君から伊藤君、左の阿部君と小刻みにつないでいく磐田東に対して、村山君の右前打、木村圭君の左前打で追加点を奪っていった。


愛工大名電vs磐田東 | 高校野球ドットコム

磐田東・江間君

 名電の1年生エース濱田君は181㎝88㎏というビッグサイズだが、投げながら調子が上がっていったという感じだった。3回、4回あたりはドスンという思いストレートもよく決まっていた。体重が乗ってくると、初速と終息のスピード差があまりないようなので、球はより重く、速く感じられる。
 8回は、2死から3連打で1点を返されたものの、9回は引き締め直して、再び3人でしっかりと抑えて力のあるところを示した。終わってみれば6安打、2失点は十分合格点だろう。

 倉野監督は、「相手には行け行けの勢いがあったので、警戒していた。序盤は打線が気負い過ぎていて手こずってしまい慌てたが、村山が突破口を開いてくれた」と、振り返っていた。

 一方、創部16年目で初めての秋季東海大会進出を果たし、初戦突破も経験した磐田東。山内克之監督自身は磐田市の出身。浜松西から早稲田大へ進んだが、磐田市の学校を甲子園へ導きたいという思いは強い。

「この秋は全体を通して80点をあげてもいいと思う。こういう大会を経験したことを生かしながら、成長していって欲しい」

と、新鋭校を率いて3年目。

かつて、掛川西浜名などを率いて甲子園出場を果たした、百戦錬磨のベテラン監督は、フレッシュなチームが確実に階段を上りつつある好感触を得ているようだ。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!