試合レポート

徳島商vs丸亀城西

2010.10.25

徳島商vs丸亀城西 | 高校野球ドットコム

逆方向に振りぬく佐藤健人選手(徳島商)

徹底した「逆方向」で徳島商、会心の初戦突破!

「この試合ができれば全国でも戦える」と開口一番語った森影浩章監督の言葉を借りるまでもなく、とかく徳島商の強さが目立ったこの試合。自己最速をマークした最速141キロののびのあるスピードボールと、左打者の内角低めに滑り落ちるスライダーがよく決まって118球1失点完投した龍田祐貴(2年)も素晴らしい出来であったが、中でも特筆すべきは彼らの持ち味である「逆方向」への打球である。

右打ちの4番・佐藤健人(2年)による右中間への3長打5打点を含め実に10安打中7安打が逆方向。センター返しも含めると10安打中引っ張ったのは1番・増富大鳳(2年)が5回に放った1本のみ。

三振7、犠打4、四死球2を除いた13凡打もうちセンター方向2、逆方向7という徹底した流し打ちは、観音寺中央監督時代に全国制覇の経験を持つ丸亀城西・橋野純監督も「おっつけてたいしたもんだ」と賞賛するレベルであった。

その裏には「相手投手を打ちのめそうとして」(森影監督)、結果大敗に終わった秋季徳島大会決勝・徳島城南戦の苦い経験が起因していた。その後、精神的に追い込んだ中で改めて逆方向打ちを徹底して取り組んできた彼ら。そして指揮官から試合前日に一転、「暗くやってもしょうがないやろ」と肩の力を抜かれたとあれば、この結果はむしろ当然であったといえよう。

そして2回戦の相手は徳島商同様に強打が売りの新田。「まあ、明日がありますから」とこの日は多くを語ることなく帰路に就いた知将であったが、この勢いをもってすれば、2位校が1位校を食う下克上も十分可能である。

(文・撮影img01~img06=寺下 友徳)
(撮影img06~img42=中谷 明)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード