試合レポート

鹿児島実vs熊本国府

2010.10.28

涙の140m弾

 5回終了時点で2-11。
コールド負け目前の熊本国府が、終盤に驚異的な粘りを見せた。
最終的に逆転は成らなかったが最終スコアは10-11である。
この日、各紙が準備していた原稿は興南の初戦突破がほとんどだったのだが、思いもよらぬ展開に急きょ差し替えも有るかと騒ぎ始めたプレスルーム。
雨上がりに煙る藤崎台を幻想的に照らしあげたカクテル光線のもと、ゲームセットが宣告されたのは、20時8分のことだった。

予選の熊本工戦(2010年9月23日)で圧巻の2本塁打を放ち、一躍「今大会注目の打者」に浮上した国府の4番打者・稲倉大輝
しかし、初戦の久留米商戦で2点適時打を放ち、この鹿児島実戦の4打席目までに3つの四死球をもぎ取ってはいるものの、通算では6打数1安打。予選終盤から狂いが生じていた打席での感覚が、万全の状態に戻りきれていない。

「タイミングが上手く取れないんです。トップが作れずにバットが遠回りに出てくる」
自身の状態をそう説明し、頭をかく稲倉。予選の最終盤には、ついに指定席の4番の座を追われるまで状態が悪化していたのだ。
アゴが上がってしまい、外のスライダーにまったく合わない。もともと克服していたはずの逆方向への打撃も、基本を見失ってしまったがためにインサイドアウトでバットが出せない。大会直前の広島遠征では広陵戦で通算17号目の本塁打を放つも、決して本調子といえるレベルまでは戻りきれていなかったと稲倉。
熊本工戦の2本塁打の残像があまりにも強すぎて、無意識に打球を打ち上げようとしているのかもしれません」


 鹿児島実戦の初回は無死満塁から空振りの三振。反撃を開始した7回の攻撃では、3連打で押せ押せのムードの中、ひとり蚊帳の外の二ゴロ。
もう、どうしていいのかが分からない。
そんな時にチームメイトから掛けられた「もっと力を抜いていけ」という、ありふれた激励が稲倉の心根に沁みた。
それでも仲間は、4番打者である自分を信じてくれているのだと。稲倉はそんな中で8回の第5打席へと向かったのである。

敵失、味方の3連打などで3点を返し、8-11となった場面だ。もちろんスタンドは地元・熊本国府の猛反撃に沸き立っている。狙え、稲倉。

初球。

狙い通りのストレートが甘く入って来た。
相変わらずアウトサイドを旋回する大きなスイング軌道である。「バットが遠くから出てしまいました」と、ここは素直にミスショットを認める稲倉。
鹿児島実野田昇吾との対戦はさらに進む。
カウント2ボール1ストライクからの4球目が、稲倉の肩口に迫ってきた。再びストレートである。
このインハイの球に対して、渾身のフルスイングを挑んだ稲倉。豪快な空振りだった。

「あの空振りで、少しだけホットしたんです。迷いが吹っ切れたというか……」
 理想に近いスイングができた、ということだ。あとは仕留めるだけでいい。

「野田くんがセットに入るときに、ボールを鷲掴みしているのが見えたんです」
チェンジアップだ。
稲倉のバットが強烈に、かつ綺麗に一閃した。完璧なスイングだった。


打球はホームラン打者独特の放物線を描きながら、両翼99mの外野フェンスを超えていく。
さらに、左翼席後方のクスノキを大きく越えて夜の闇に吸い込まれていった。推定飛距離140m。
スランプのきっかけとなった熊本工戦で放って以来のクスノキ越え弾だ。
これが熊本国府と稲倉にとっての最後の反撃となった。球場全体がこの驚弾に浸っている中で、試合は終了したのである。

一塁を回って二塁に達しようとした稲倉は右手を大きく上げた。涙を拭いながらも、それを悟られまいとするオーバーアクションだったのだろうか。
攻撃が終わり、守備に就く際も泣いていた。試合終了後には、誰よりも泣いていた。
「自分はなかなかチャンスで打てなかったのに、みんなは最後まで諦めずに繫いでくれた。それが凄く嬉しかった。まだまだ本調子とは言えませんが、立ち直りのきっかけにはなりました」

と言って涙を拭い立ち上がる稲倉。
その後ろ姿を、藤崎台のカクテル光線が煌々と照らす。
その名の通り、大きな輝きを放った九州大会第3号特大弾だった。

(文=加来 慶祐

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【愛知】県大会の組み合わせが決定!愛工大名電、東邦、星城が同ブロックに!

2024.04.09

【兵庫】県大会組み合わせが決定!報徳学園の初戦は明石清水と尼崎小田の勝者!上位3校が近畿大会に!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>