試合レポート

大垣日大vs豊田西

2010.10.26

大垣日大vs豊田西 | 高校野球ドットコム

大垣日大・葛西君

大本命の大垣日大、貫録を示し豊田西投手陣を攻略

 今春のセンバツベスト4メンバーから、バッテリーと打線の中軸が残った大垣日大。この大会では、当然のように優勝候補の筆頭に推されていたが、それにたがわぬ堂々とした戦いぶりで貫録を示した。

 豊田西の右横手投げの中川君は1回戦で[school]松阪[/school]を1失点に抑えている好投手だ。低めに球を集めて、外のボールの出し入れしながら組み立ていって打者を幻惑していく。股関節にやや違和感があるということだが、それを感じさせないスムーズな立ち上がりだった。

 一方、大垣日大葛西侑也君は甲子園でもすっかり知られた存在となったが、左横手から、切れ味のいい投球を披露。昨秋や今春から比べて、見た目にも下半身がどっしりとした印象で、球そのものももより力がついてきたという印象である。マウンドでの冷静さや、投手周りの打球の処理も上手い。連打を許さないというのも、投球の巧さといっていいだろう。

 こうして、投手戦の様相で始まった試合だったが3回、大垣日大は1死後九番安藤君が四球で出ると、すかさず二塁盗塁。2死二塁から、二番星野君が右中間に落として先制すると、さらに後藤君も中前適時打。高田君も冴える二塁打してこの回3点が入った。

豊田西の平林宏監督は1死からの盗塁を決められたことを勝負のポイントに上げた。「あそこは、阪口さんが仕掛けてくることはわかっとるんですよ。バッテリーも外したんですが、力んだのかなぁ。送球が少しそれてしまってね。あれを刺しておけば全く違う展開に持って行けたと思いますよ。東邦時代から、(阪口監督とは)何度もやらせて貰っていますし、仕掛けの早いことも分かっているのですが、勝たせてもらえません」。


大垣日大vs豊田西 | 高校野球ドットコム

豊田西好打者・小澤君

 それでも、豊田西もその裏、2死一二塁から注目の小澤君の三遊間を破るタイムリーで1点を返す。
4回も大垣日大が野々部君の右前打で突き放すと、豊田西も六番近藤君の左翼へのソロアーチで追いかけて、食い下がりを見せていた。
 しかし、大垣日大は5回にも当たっている星野君の2ランでさらに突き放した。9回にも、1死二塁で右翼からリリーフのマウンドに立った小川君を攻めて、2点を加えた。小川君は右腕からスピードのある球を投げていたが、やや不運な打球もあって大垣日大の勢いを止めきれなかった。

 試合後、平林監督は口を真一文字に締めて悔やんでいた。

「正直、このチームは打撃力がここ数年でも一番いいですし、まとまりもいいですから、十分に甲子園でも戦えるチームだと思っていました。甲子園に連れていってあげたいチームです」

と、本気で13年ぶりの甲子園の感触を得ていただけに悔しさもひとしおだったようだ。それでもまた、夏へ向けてもう一度夢に賭けたい、そんな思いを語っていた。

 序盤は、中川君の丁寧な投球にやや苦しんだかに見えたものの、堂々の試合ぶりを披露した大垣日大の阪口慶三監督は、「打てる球だけを打っていかせました。12安打はよく打った。盗塁、バントもしっかりと決めてくれたし、練習通りのことが出来た」と、まずはゲームプラン通りの戦いが出来たことを素直に喜んでいた。

 その一方で、昨年も優勝を果たしている明治神宮大会への2年連続出場を見据えていた。
07年春に初出場で準優勝を果たして以来、全国区の強豪というイメージが固定してきた大垣日大。球場でのたたずまいなども、すっかり強豪校のものとなっている。東邦を38年率いて24回の甲子園に導いたベテラン監督は、就任6年目の大垣日大で、春夏合わせて早くも4回目となる甲子園出場にしっかりと焦点が合っているという印象である。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!