試合レポート

岐阜vs大垣西

2010.10.25

岐阜vs大垣西 | 高校野球ドットコム

岐阜高の1番・宮田君

古豪・岐阜高と躍進顕著な大垣西が当たる「通好み」なカード

地区大会で敗退し秋季県大会に出場できなかった高校が、あらためて地区予選を行い、そこを勝ち上がった12校が凌ぎを削る「県下選抜大会」が23日から開催されている(県内2球場)。

同じ日には、春のセンバツ出場をかけた秋季東海大会が三重県で実施されているが、ちょっと趣向を変えてこのローカル大会へと足を延ばしてみた。

岐阜高×大垣西。 「通好み」のカードだと思う。

岐阜高は県下一の進学校として名高い。1978年を最後に甲子園出場からは遠ざかっているが、今夏のベスト16をはじめ、2001年夏ベスト4、2005年夏ベスト8と、野球部の伝統も引き継がれている「古豪」の文武両道校だ。最近、老朽化した校舎の建て替えが進んで、若干ながら学校の雰囲気も変わったか。

試合は大垣西の2点リードで迎えた5回裏、岐阜高の1番・宮田君が中越え三塁打でチャンスをつくると、3番・岩西君がライト前へタイムリー安打を放ち1点差に。9回裏には一死から佐治木君が安打で出塁し、岩西君がまたも巧みなバッティングでレフトへ弾き返して形勢を拡げると、4番・辻君も安打でつないで満塁機を創出。ここで5番・古田(将)君に右越え二塁打が飛び出し、鮮やかな4連打で岐阜高がサヨナラ勝ちを収めた。


岐阜vs大垣西 | 高校野球ドットコム

岐阜高の先発・高木君

毎年、岐阜高の野球は見ていて気が引き締まる。進学校ということもあってか、集中力が凝縮しているのだ。この試合の最後の4連打もその典型。

「ここ一番で力を発揮できるというのはあると思います。今日は『甘い球を積極的に打つ』という、やるべきことをやっていたので、終盤に逆転できると考えていました」

と、森川賢二監督は試合を振り返る。

先発の高木君は、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(早大4年)に重なる投球フォーム。エンジ色のユニフォームも似ているから、余計にそう見える。

「そんなに真似しているわけじゃないと思うんですが・・・」と森川監督は笑いながら、「自滅して失点するパターンが多かったのですが、守備から鍛え、コンバートも含めてバッテリーをつくり直してきました。粘り強く戦えたし、県大会予選以後にやってきたことが出来ました」と、またひとつ経験を積んだ新チームの伸びを語ってくれた。

敗れた大垣西も、4年前の秋季県大会では3位と健闘し、初の秋季東海大会進出を果たしている。2004年に福島秀一監督が就任してから、めきめきと力をつけてきた。その福島監督、大垣西に赴任するまでは長らく岐阜高野球部で指揮を執ってきた。昨夏には初めて「古巣」と対戦し4-0と土をつけたが、この日はそれ以来2度目となる前任校との顔合わせでもあった。


岐阜vs大垣西 | 高校野球ドットコム

大垣西の先発・中村君

 中盤まで、先発・中村君が走者を出しながらも粘りのピッチングを展開。代わった野津君も、サイドハンド左腕の特徴を生かして8回裏を抑えたが、土壇場で逆転を許してしまった。1番の古沢君はパワーがありそうだし、セカンドの高木君は8回裏の守備でイレギュラーバウンドを好捕する反応の良さも見せた。

福島監督は試合後、「走攻守とも、まだまだ出来上がっていません。投手も野手もケガ人が多くて…」と、少し困ったような表情である。

将来的にチームの核になりそうな選手を、福島監督は1年時から積極的に起用する。

この夏は、1年生の本格派右腕・大藏君をベンチに入れ、3回戦では先発のマウンドも経験させた。その大藏君も、試合中に軽く投球練習をしたが、体の状態が万全でなく登板は無し。「大藏は楽しみですよ。角度があるし、ストレートに力がある」とのことだが、それでも「大藏をはじめ、軸になってほしい選手がケガでね…」と、やはりケガに泣かされている様子だった。

最後に「伸びしろはあります。1年生がどこまで伸びるかでしょう」と選手の今後に期待し、「春までにはね」と言い残してバスに乗り込んだ福島監督。こちらも手腕に定評がある監督さんだけに、ひと冬越えた来春、どうチームが成長しているか、要チェックである。

(文=尾関 雄一朗)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?