試合レポート

総合技術vs大社

2010.10.24

総合技術vs大社 | 高校野球ドットコム

伊田有希(総合技術)

総合技術の1年生左腕・伊田が好投

 総合技術の背番号11番、伊田有希投手(1年)が4回2安打2失点と上々のピッチングを見せた。

 いきなり先頭打者を3球三振。4者連続三振で味方にいい流れを運んだ。
期待の1年生だ。すでに今年の夏に公式戦デビューを飾っている。秋は優勝候補筆頭の広島広陵と3位決定戦で激突。先発した伊田は、3失点完投という見事なピッチングで中国大会切符を手に入れた。

169センチ、61キロの小さな体。左腕を地面スレスレまで振りぬく、勢いのあるフォームだ。三振に対する意識はない。

「今日も打たせて捕ろうと思った」と、ストレートとスライダーのシンプルな組み立てで緩急をつけた。

反省も忘れていない。4回に初めて走者を背負うと、2本の長打を浴びて2失点。「力んで崩れてしまった」と、未完成のフォームを気にしていた。
 

前日に広島国際学院の今井金太投手(1年)が好投している。左右は違うが同じ1年生だ。
「小学生のときから知っているし、気になります。自分は今井のような速いボールは投げられないけど、負けないピッチャーになりたい」。

 準々決勝の相手は尾道。県大会準決勝で6-16で敗れた相手だが、今日と同じように立ち上がりから良いリズムを作っていきたい。

 また、総合技術の小田浩監督は「1イニング11点というのは記憶にない。後がない大会なので、1点ずつ確実にいきたかった。県大会のときよりも打線の調子はいい」と、手ごたえをつかんでいた。

(文・撮影img01~04=矢島 彩
(撮影img05~=高校野球情報.com 編集部)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード