試合レポート

大阪桐蔭vs履正社

2010.10.18

2010年10月17日 舞洲ベースボールスタジアム

大阪桐蔭vs履正社

2010年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大阪府予選 決勝

一覧へ戻る

サヨナラ本塁打を放った西田直斗(大阪桐蔭)

大阪桐蔭、秋連覇は劇的に!

 高々と上がった打者の右手拳。その場に跪いてしまった投手。大阪1位校を決める決勝戦は、大阪桐蔭の1番・西田直斗(2年)が放った打球で、最後の最後に勝者と敗者が入れ替わった。

 履正社飯塚孝史(2年)、大阪桐蔭藤浪晋太郎(1年)と連投の両投手がマウンドに上がった一戦。常に試合を先行したのは履正社だった。

 2回表、8番野村惇(2年)のタイムリーで履正社がまず先制点を奪う。飯塚はコントロールに苦しんだ前日の準決勝(上宮太子2010年10月16日)と違い、この日は持ち味のテンポの良さが戻っていた。

 ただ、簡単に打ち取らせてとくれないのが大阪桐蔭の打線。3回裏、1番西田のタイムリー二塁打で大阪桐蔭が同点に追いつく。直後の4回表にもう一度、1点を勝ち越した履正社

しかし大阪桐蔭はその裏に4番河原右京(2年)の一発で再び同点。この一発は特に飯塚の胸に残ったことだろう。

 5回表、履正社がまたも突き放す。1番海部大斗(2年)が三塁打で出ると、2番正木健太郎(2年)が二塁打、1死後、4番石井元(2年)がタイムリーと、今度は2点をリードして藤浪をノックアウト。大阪桐蔭の西谷浩一監督はエースナンバーの中野悠佑(2年)をマウンドに送った。

 その中野は藤浪が残したピンチを何とか切り抜ける。その裏、食い下がる大阪桐蔭は、河原の内野安打で1点を返し4対3。ただこの回はこの1点のみで、点を取っては追いつかれの流れがここで止まった。
 6回以降、立ち直ったのは飯塚。6、7、8回と大阪桐蔭打線を三者凡退に切って取る。飯塚の球を受ける坂本誠志郎主将(2年)は「球に勢いが戻ってきた」と感じていた。


飯塚孝史(履正社)

 一方の中野は、履正社打線に捕えられ、7回、8回と走者を三塁まで進められる。しかしここから得点を許さなかったのが2年生エース。先発の1年生右腕がノビノビと投げられるのは、旧チームから経験豊富な中野の存在が大きい。履正社サイドには、追加点のチャンスで取りきれないもどかしさが残った。9回表、中野は初めて三者凡退に切って取った。

 そしてドラマが起こった9回裏を迎える。大阪桐蔭は代打の上出晃大(2年)がショートゴロ、7番川端晃希(2年)が空振り三振に倒れてあっさりと2アウト。マウンドの飯塚にとってはまさにあとアウト1つまでこぎつけた。

 打席には8番山足達也(2年)。こちらも中野同様、旧チームからレギュラーを張るが、この秋は西谷監督が何度も喝をいれるほどの不調で打順を落としていた。

この山足が飯塚に2球目を捕える。打球はレフトを守る大西晃平(2年)の遥か頭上へ。あわや本塁打というフェンス直撃のあたりで、山足は二塁まで進んだ。

 打席にはリリーフの中野。中野は飯塚の4球目に手を出すと、打球は三遊間奥深くへ。ショートの石井はこれをうまく処理するが、間に合いそうにない一塁へ投げてしまった。中野は懸命に走って一塁はセーフ。その瞬間、一目散に本塁を目指した山足が見事に陥れた。

 「偽投で三塁に投げられたらアウトになる。(山足は)走る場面ではなかった」と苦笑いしたのは大阪桐蔭の有友茂史部長。履正社・岡田監督は「一塁は絶対にセーフになる打球。投げるべきではなかった」と厳しい表情。坂本は「まだアウトにできるかもと思った石井は責められない」と庇った。三者三様の難しい場面。
高校野球でこの場面の答えを見つけ出すのは難しい。ただそこに、9回2死から同点になったという事実は残った。


優勝旗授与 大阪桐蔭・廣畑実主将

 そして打席に西田。

 西谷監督が「西田まで回れば」と願っていた形になった。3球目、直球はやや浮き気味に中に入った。マスクを被る坂本が「彼の一番得意なコース」と悔やむ失投を西田は見逃さなかった。振り切った打球と手応えに西田は「完璧だった」とすぐに右手拳を突き上げた。

 「ホームランは出来すぎですが、2アウトからよく粘れた。痺れた試合でした」と西谷監督。さらにエース中野の粘投を讃えた。

 履正社・飯塚と坂本のバッテリーにとっては痛恨の一発。跪いて項垂れる飯塚の表情が勝てる試合を落としたショックを物語っていた。

 「9回2アウトからのちょっとした油断が出てしまった」と振り返る坂本。前日に履正社らしい試合ができていないと話していた岡田監督は「今日負けて、このままではダメだとわかったんじゃないですか」とあえて選手を突き離した。

履正社大阪桐蔭が戦力では一歩抜けている』

多くの高校野球ファンや関係者が大会前からそう見ていた中で、秋の決勝で戦った両校。それぞれ課題も多く出たが、秋の段階とは思えない高いパフォーマンスも見ることができた。

 この後近畿大会もあるが、来年夏へ向けて今回の対戦がどのような化学反応を起こすか楽しみだ。

(文=松倉 雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!