試合レポート

大阪桐蔭vsPL学園

2010.10.17

2010年10月16日 舞洲ベースボールスタジアム

大阪桐蔭vsPL学園

2010年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大阪府予選 準決勝

一覧へ戻る

藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭)

コールドにはなったけど・・・

 大阪桐蔭が15安打9得点でPL学園相手に8回コールド勝ち。3年連続となる近畿大会出場を決めた。

 この日も先発のマウンドには1年生の藤浪晋太郎が立った。角度ある直球と、大きなカーブを主体にPL学園打線を翻弄。序盤ではPL学園の多くの打者が完全に振り負けていたほど、威力があった。「調子はよかった」と振り返った藤浪。

 打線は2回に、藤浪の犠牲フライと1番西田直斗(2年)のタイムリー二塁打で2点を先制。3回には6番川端晃希(2年)の一発で3点目、4回にも連打を放って、PLのエース・橋本純一(2年)をノックアウトした。さらに代わった2番手左腕の松浦淳史(2年)からも5番の田端良基(1年)が2点タイムリーを放って5対0。

この時点では多くのファンが、大阪桐蔭圧勝の雰囲気を感じ取っていただろう。

頼みのエース橋本が次々と打たれて降板、後の投手に橋本以上の力は今の段階ではない。PL学園の河野有道監督は「今年のチーム今までで最低。投手がいない」と常々話している。それだけ今の両校に力の差は歴然としていたからだ。

しかし、簡単には終わらないPL学園の意地が見えたのが4回と5回の場面だ。


藤本裕規(PL学園)

まずは4回。前述した田端のタイムリーの後、6番川端に四球を与えて満塁。大阪桐蔭はここで代打に北川利生(2年)を起用。その北川は2球目を弾き返すと、打球は痛烈なライナーでレフトへ。これをレフトの木村奨太(2年)が背走しながらも執念でキャッチした。

続く5回も2番手の松浦は四球とヒットで1死1、2塁とピンチを背負った。打席には大阪桐蔭2番の廣畑実(2年)。その廣畑が放った打球は高いバウンドのセカンドゴロ。難しいバウンドだったが、セカンドの森雅仁(2年)は落ち着いて捕球し、一塁走者にタッチ、そしてすばやくファーストに投げてダブルプレーを完成させた。

どちらの場面も一つ間違えば大量失点に繋がってしまうだけに、ここで流れを食い止めたPL学園の意地を見た気がした。

 そして5回裏に8番藤本裕規(2年)のタイムリーと、1番大川悟(2年)の内野安打で2点を返した。

 結局終盤8回に、痛恨のエラーで失点しコールドゲームにはなった。

ただ、「やはりPLさんは強い」と試合後、大阪桐蔭の西谷浩一監督が語ったように、選手もあらためてPL学園の『しぶとさ、伝統の力』を実感したのではないだろうか。

(文=松倉 雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>