試合レポート

履正社vs上宮太子

2010.10.17

2010年10月16日 舞洲ベースボールスタジアム

履正社vs上宮太子

2010年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大阪府予選 準決勝

一覧へ戻る

飯塚孝史投手(履正社)

苦しみながらも・・・

 第1試合は8対0、7回コールドゲームで履正社上宮太子を破った。
と、この事実だけを書けば、履正社の完勝だったように見える。
だが、実際に試合を見た感じではそこまでの差はない、いや、前半だけみれば上宮太子の方が押していた印象すらある。

 1回表、5番桝井翔太(2年)のタイムリーで先制した履正社
その裏先発のマウンドには当然エースの飯塚孝史(2年)。ところがこの日は制球が中々安定しない。
先頭打者こそ三振に切るが、2番勝間大貴のファーストゴロを桝井がエラー。これでリズムを乱したのか、ヒット、死球で満塁のピンチ。
それでも5番末浪直幸(2年)をカウント2-3から高めの直球で三振。6番谷護(1年)はライトフライに打ち取って何とか切り抜けた。

それでも続く2回裏。先頭の7番浦野太暉(1年)のショートゴロを今度は石井元(2年)がエラー。
さらに8番山北勇貴の送りバントの処理をした飯塚が焦って二塁へ投げてオールセーフ。

序盤で2失策と今大会初めて守りで乱れた履正社内野陣は明らかにいつもと違っていた。

だが、そういう時こそ生きるのが試合経験。落ち着いていたのは捕手で主将の坂本誠志郎(2年)。
9番井上慎也(2年)の2球目に二塁走者を牽制で刺すと、1番佐伯良(1年)をカウント2-3から空振り三振。
さらに2番勝間をファーストライナーと、見事なリードでエースそして内野陣を助けた。
3回表、履正社は2死から4番石井のタイムリー、7番原田涼(1年)のレフト前などで3点を追加。その裏以降は落ち着きを取り戻した飯塚が何とか抑えた。


坂本誠志郎主将(履正社)

試合後、履正社・岡田龍生監督は「気持ちの弱さが出たウチらしくない試合。あんなミスをしていては・・・」と渋い表情だったが、「バッテリーが頑張った」と無失点に切り抜けたことは讃えた。

 
坂本主将は「要所を締められる飯塚の力」と自らではなくエースの力投を持ちあげるのを忘れなかった。
一歩間違えばどうなるかわからない試合展開。それを勝ちに結びつけられたのは大きいが、課題はまだまだ山積している。
強力打線を誇る大阪桐蔭との決勝。当然、ミスが命取りになる。

(文=松倉 雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!