試合レポート

丸亀城西vs観音寺中央

2010.10.17

2010年10月16日 レクザムスタジアム

丸亀城西vs観音寺中央

2010年秋の大会 平成22年度秋季四国地区高等学校野球香川県大会 3位決定戦

一覧へ戻る

丸亀城西の主将、大川拓馬捕手(2年)

眠れる主将の復活で、丸亀城西4年ぶりに秋季四国大会へ!

10月11日、高知大会を終えた時点で既に12校中11校の出場枠が埋まった秋季四国大会の出場権争い。
最後の1枠を決する香川県大会3位決定戦は4年ぶり19回目の出場を目指す丸亀城西と、16年ぶり3度目の出場を目指す観音寺中央との間で行われることになった。

そしてこの試合、最も観客の目を惹きつけたのが丸亀城西の主将、大川拓馬捕手(2年)であった。
ここまで4試合は184センチの長身右腕・宮武大地(2年)の制球力を引き出す見事なリードが光る一方、16打数無安打と打撃不振に悩んでいた大川であったが、この試合では「相手がインコースを狙っていたので、そこをかわすことを考えた」頭脳的なリードはもちろん、バッティング面でも「相手投手は真っ直ぐが速くないので、カーブを決め球にするだろう」と予測の上に立った見事なカーブ打ちで4打数3安打4打点。
特に2回表の逆転タイムリー2塁打と、4回のこの日3本目となった2塁打は、「完全な力負け」と観音寺中央・土井裕介監督も兜を脱がせる8回コールド勝ちにつながる貴重な一打となったのである。

かくして眠れる主将の復活により久々の四国大会への切符を手にした丸亀城西。「試合まで期間はないが、もう1回チームを作り直して、最善を尽くしたい」と意気込みを語った橋野純監督の頭脳の中心には、当然「謙虚な野球で大振りにならずに全員野球を目指したい」と話すキャプテンの姿があるに違いない。

(文=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!