試合レポート

二松学舎大付vs片倉

2010.10.12

2010年10月11日 江戸川区球場

二松学舎大付vs片倉

2010年秋の大会 秋季東京都本大会 2回戦

一覧へ戻る

鈴木誠君(二松学舎大付)

二松学舎鈴木誠投手快で片倉を1安打完封

 二松学舎大付の1年生エース鈴木誠也君が、ほぼ完璧に近い投球で片倉を完封した。

7イニングを投げて、被安打1、与死球1、打者18人に対して7奪三振で、残塁も一つのみ。二塁ベースを踏ませることもなかった。1回戦に比べて、見違えるような制球で、そのことによって力みが消えてリラックスでき、それが本来の球の伸びをもたらした好循環になったともいえる内容だった。

 1回戦では8四死球という荒れ気味の投球内容だった鈴木君に対して、市原勝人監督は「投球のバランスが崩れていたから」という判断を下した。その結果、本人に対して、投げないで調整する状況を作った。

そして、「どうしても投げたい」という投球に対する飢餓感をもたらすことによって、鈴木君本人ももう一度自分のフォームを見つめ直しながら、バランスを取り戻すことができて制球もよくなったのだ。コントロールがよくなれば、不用意な力味もなくなり、スムーズに腕が振れて球の伸びを作っていくことになる。

  スラリとした感じに見えるが、180cmで80kgあるのは筋肉の質がいいということもいえるだろう。聞けば、50m走でも6秒を切るくらいの脚力があるということで、身体能力の高さもある。野球センスも高いのは打順でも五番に入っており、この日は無安打ではあったものの、4回の3打席目にはあわやホームランかというような大きな中飛を放っていた。見た目以上に下半身の安定性があるという印象である。二松学舎大付には背番号18の古谷君という185㎝の投手もおり、投手陣の層は厚そうだ。

 投手陣が安定すれば、上へ進出していかれるかどうかは打線次第ということになる。
この日の二松学舎大付は初回に2死三塁で四番山岸君の右前打で先制すると、2回には江川君の中前打から始まって、一番関根君の右中間二塁打などで右下手投げの後藤君を攻略。さらに代わった星野君に対しても襲いかかり、3回にも3点を奪って完全に主導権を奪った。


片倉・沖辺君

 
 都立片倉としては、力負けは否めないところであったが、宮本秀樹監督は、

「予定していたこと、やろうとしていたことは出来たと思いますよ。ただ、狙い球を打っても打てないし、後藤も予定通りの打攻め方の投球だったんだけれど、微妙なところがボールになって甘く入ったところを打たれちゃったんですよね。これは力不足です。ただ、守りで崩れた負けというのではないですから、一つ階段を上ったんだという意識は出来たと思います」

と、一つひとつを戦いながら確実に上げていこうという意識の中で、次への目標を定めながら、これからの練習を重ねていくことになる。

それが来春、そして最終目標である夏を目指していくという気持ちを確認していた。そのために、自分たちが越えていかなくてはいけない壁は何なのか、本大会出場で全国レベルのチームと対戦することで、そのことを改めて意識し、それが次へのステップになっていくのであろう。多くのフツーの公立校の選手たちはそんな意識で次を目指していくのだが、都立片倉の選手たちもそんな中で、間違いなく今回の本大会進出という実績は、いい意識作りに作用しているはずである。

次への成長を期待したいチームだ。

(文=手束 仁
(撮影=鈴木 崇)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!