試合レポート

履正社vs太成学院大

2010.10.10

2010年10月10日 舞洲ベースボールスタジアム

履正社vs太成学院大

2010年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大阪府予選 準々決勝

一覧へ戻る

太成学院のエース今村

王者の風格 履正社、太成学院の挑戦を退け準決勝へ

「履正社VS太成学院大」

ひそかに、このカードに注目していた。

なぜなら、今大会の、太成学院大の戦いに、一つの息吹を感じているからだ。5試合中4試合が完封。ほぼ、完勝と言う戦いぶりで勝ち上がってきている。この準々決勝進出には、チームが今まさに昇ろうとしているのが、感じ取れる。
そんなチームが今年の春・夏の府大会優勝校、履正社と対戦する。
これほど楽しみなカードはない。

成長著しい太成学院大が、ここで履正社を破って、一つの壁を乗り越えるのか。はたまた、今年春夏の結果で大阪桐蔭PL学園に並び称されつつある履正社が、挑戦者を退けることできれば、まさに「3強」とさえ呼ばれる領域に足を踏み入れるだろう。

この対戦にはそうした注目があった。

試合は両校ともにエースがマウンドに立つ。履正社は甲子園で2試合に先発した飯塚。変化球を武器にしながら出し入れで勝負する軟投派だ。対する太成学院は、今大会の大阪で注目と噂の左腕・今村。すらっとした体形からのストレートにキレがある本格派である。

両者1回は無難に立ち上がったあと、2回に試合は動いた。
2回裏、履正社は先頭の4番・石井が、今村のストレートを詰まりながら中前へ落として出塁。ストレートに振り負けない右手の押し込みで放った気迫の一打だった。犠打で二進のあと、6番・坂本は今村のストレートを一閃、左翼スタンドへ放り込のだ。今村がストレートを主体にしていたとはいえ、狙いすましての快打は、履正社の力強さを物語るものである。


貴重な追加点を放った海部(履正社)

 試合の主導権は完全に履正社がつかんだ。
6回裏には、二死・二塁から1番・海部がインコースのストレートに差し込まれながらも、タイムリーヒット。7回には、同じく二死二塁から野村が右翼線にしぶとく落とし、1点を加えた。
投げては、先発・飯塚が相手打線を3安打に抑える見事なピッチング。守備も無失策で援護し、完封で締めた。

4-0。

まさに快勝といえる試合運びだった。

 試合後、履正社・岡田監督は「たまたまですよ。旧チームから選手は残っていますけど、旧チームの3年生ほどではない。バントも結果的には成功しているけど、1球で決められていないし、課題も多い」と納得はしていない様子。
とはいえ、順当にベスト4進出を決めたことに関しては評価していいだろう。
「トーナメントの勝ち方を練習しているので、それは、春夏と勝たせていただいて、自分たちで意識してやってくれている」と、岡田監督自身にも、手ごたえがないわけでもないのだ。

それにしても、挑戦者を退けた履正社の戦いぶりはさすがの思いがした。履正社も、ついに次なる領域に足を踏み入れたといっていい。
ましてや、今大会注目の左腕を打ち崩しての勝利は非常に勝ちがある。
岡田監督は「沼田君(天理)や歳内君(聖光学院)と対戦してきたわけやから、全国大会で勝ちたかったら、今日のような相手も全国で勝てるピッチャー、それを打てないと甲子園では勝てない」と選手に檄を飛ばしたという。
まさに、積み重ねの大きさを感じるものである


先制本塁打の坂本(履正社)

一方の選手たち。試みた犠打はすべて成功させ、ほとんどの安打が相手投手の持ち味であるストレートを狙い打ってのもの。
見事と言うしかない。先制本塁打の坂本はいう。

「相手投手のビデオを見た時に、ストレートが得意なんだということが分かりました。だから、その球を打つことができれば、こっちに流れが来るんじゃないか、そう思って打席に立ちました。合わせるのではなく、振り抜いていくというのが僕たちのテーマなので、それはできたかなと思います」

試合の流れを見抜いての、まさに、王者の戦いぶりを見せての勝利だった。
だが坂本は、これで満足はしていない。岡田監督の声も踏まえ、今後に向けては、強く意気込んだ。

「旧チームから6人も残っているとか言われるんですけど、これで勝てないと、3年生の山田さん江原さんが良かったから勝てたんだと言われると思う。それは悔しいんで、一つずつ、力をつけて、上がっていきたい」。

一方の0-4と完敗した太成学院大だが、まったく、何もできなかったわけではない。

まず、こうした、壁を乗り越えようとするチームにありがちな、「履正社」を過剰に意識した戦いじゃなかったこと、それは評価していいと思う。

野球以外の部分で負けるというのがなかったのは、このチームの積み上げてきたものの大きさだろう。
0-4という展開からガタガタっと崩れてコールドで敗退というのもイメージしたが、大崩れがしなかった。
6回裏に1失点したあとも満塁のピンチだったが、三塁手・須原が好プレーを見せて、粘っていた。

序盤にあったバント失敗や武器になる変化球が少なかった今村のピッチングなど改善点はあるが、これからも楽しみなチームであるのは変わらない。この敗戦を受けて、どう成長していくのか、来年、春夏の戦いぶりも、ぜひ、追っかけたいものである。

(文=氏原 英明

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?