試合レポート

鵡川vs旭川実

2010.10.08

2010年10月07日 札幌円山球場

鵡川vs旭川実

2010年秋の大会 第63回秋季北海道大会  2回戦

一覧へ戻る

鵡川 吉田将太投手

じっくり攻める勇気

 今夏の北北海道大会を制した旭川実。勝てば南の代表・北照との対戦もあったが、その前に初戦で姿を消した。

 
「何も言葉はない。完敗です」と肩を落とした岡本大輔監督。先発したエースの佐藤駿太(2年)が2回に鵡川打線に捕まって3失点。リリーフした左腕の影浦雅人(2年)が踏ん張り、8回に2点を返したものの、後1点及ばなかった。
菅野圭吾主将(2年)は「自分達の力不足」と言葉は少なかった。

 この日の試合、旭川実にとって痛かったのが初回の攻撃。先頭の菅野がヒットで出塁。2番高山翼(2年)は当然送りバントを試みるが、初球を打ちあげてサードファウルフライ。続く3番畠山仁(共に2年)も初球バントの構え。しかしこれもファーストフライに倒れて結局送れなかった。

鵡川の先発・吉田将太(2年)から見れば、先頭を出す嫌な出だし。そこでの連続しての送りバント失敗は、落ちつくきっかけを与えたに違いない。
「小フライは狙っていたわけではないです。(バントをさせてでも)アウトが欲しかったので、ラッキーでした」と吉田は強調した。

流れをつかみそこなった旭川実。先発の佐藤はボール先行気味で、コントロールに苦労する。
1回裏は何とか切り抜けたが、2回に捕まった。先頭の坂下彰啓(2年)に四球を与えると、7番吉田は送りバントではなく強行策。
これが三塁手・山川悦護(2年)のグラブを弾く強烈なライナーが二塁打となってピンチが広がると、8番高橋孝輔(2年)にタイムリーを許して1点を失った。

その後もバントを極力しない鵡川らしい攻撃で2点を追加。試合の流れは完全に鵡川が支配した。
早く追い上げたい旭川実。しかし「初球からストライクが取れた」という吉田のコントロールの良さに中々反撃の糸口が見いだせない。
いや、打ち崩すための策を講じなかったというべきか。岡本監督は「フライアウトが多かった」と振り返った。この日のフライアウトは11個。走者は2回以降、7回までわずか1人しか出せず、中々策を講じられる状況には出来なかった。


旭川実業 菅野圭吾主将(1番ショート)

しかし、こんな数字もある。

【1回】 9
【2回】 5
【3回】 4
【4回】 8
【5回】 7
【6回】 7
【7回】 10
【8回】 9+5
【9回】 5

これを見て何の数字だと思われるだろうか。

正解は鵡川のエース吉田と、8回途中からリリーフした池田聖弥(2年)の投球数である。
7回を終わって吉田はまだ50球しか投げていないことに気付いたという。

2人合わせて69球。つまり旭川実打線は、相手投手の球をこれだけしか見られなかった。バント失敗が2つ続いた1回もいずれも初球である。1つの打席で相手投手に5球以上投げさせたのはわずかに1回しかなかった。

相手投手のコントロールが良く、早いカウントから積極的に打ちに行ったと見る向きもある。しかし、最初から最後までこれを続けてしまっては、相手が自ら崩れないかぎりはスイスイと試合が進むだけ。
意図的にファウルで粘るなどの攻撃の切り替えをどこかで仕掛けられたとしたら、また違った終盤になったのかもしれない。
9回はわずか5球で終わった旭川実。多くの選手の目に涙があった。

『積極的な攻撃』と『早く打つ』ではまったく違う。

積極的な攻撃にプラスして、『じっくり時間をかけて攻める勇気』をこれから学んでいってほしい。

(文・撮影=松倉雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?