試合レポート

延岡学園vs聖心ウルスラ学園

2010.10.03

2010年10月02日 アイビースタジアム

延岡学園vs聖心ウルスラ学園

2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球宮崎大会 3回戦

一覧へ戻る

投打の柱・濱田(延岡学園)

ひと夏の経験

「さすがに大舞台を経験しているチームは動じることがない。ウチはやれるだけのことはやった。となれば、あとはもう経験の差ですよ」
といって完敗を認めたのは聖心ウルスラ・石田敏英監督だ。
勝負の世界で頻繁に聞かれる “経験の差”というフレーズ。そもそも“経験の差”とは何か。そして、この試合で見られた、その“差”とは何だったのか。

 
聖心ウルスラは2回、延岡学園先発の矢野を攻め、2点差を逆転しなおも走者を溜めて一死満塁。2番・新名弘輝の浅い右飛に三走・松井功太がタッチアップ。本塁を衝いたがあえなく憤死に終わった。たしかに浅かった。そのスタートはギャンブルの域を超えていたようにも思う。制球に苦しむ延岡学園・矢野聖士に対して畳み掛けたい場面。一気に突き放したい局面でのミスを、石田監督は振り返るのである。

さらに石田監督が「折り返しの失点」と振り返る5回の1失点だ。
初回に2点の先制を許したものの、その後は小気味良いテンポと時折唸りを挙げるクロスファイアで延岡学園の強打線を抑えていた聖心ウルスラ先発・横山大晴。

しかし、5回は二死から2番・小幡和弘に内野安打を許すと、3番・谷村康太の右中間打で同点とされる。

単打で一気に本塁生還を果たした小幡の走塁、狙いどおりの真っすぐをしっかりと逆方向へ押し込んだ谷村も見事といえるが、続く県屈指の好打者、4番・濱田晃成の前でフルカウントと苦しい状況を作ってしまった結果、浴びてしまった痛打だったのである。バッテリー、守備陣を動揺させ、そこで生じる隙を見逃さない。
石田監督が痛感した両チームの“経験の差”とは「局面における冷静な判断力」だったのである。


横山(聖心ウルスラ)

 一方、延岡学園
5回裏に同点とするも、直後の6回表に4失点で7-3。この試合でもっとも得点差が広がり、夏の代表校は窮地に立たされたかのようも見えた。
しかし、ここで物を言ったのも“経験の差”だったのである。

「甲子園に出場したことで、他チームよりも1カ月以上チーム作りは遅れています。ただ、甲子園に出場できたからこそ備わった自信もあるんです。それについては、この試合でも発揮できたと思いますね」(延岡学園・重本浩司監督)

「向こう(延岡学園)は柱がしっかりしている。でも、その柱が倒れることはありませんでしたね」

聖心ウルスラ石田監督のいう、そのビクともしない柱が、夏の甲子園でも4番を打っていた濱田。
この秋からは背番号1を背負い、文字通り“投打の柱”を担っている。この試合で終盤4イニングを投げ勝利投手となった濱田が、しゃあしゃあと言ってのけるのである。

「途中リードはされましたが、甲子園での初戦(大分工戦)と同じような展開だったので、とくに慌てることはなかったです。試合はゲームセットまで何が起こるか分かりませんし、あの経験があったから、諦めるなんてことはありませんでした」

2点を追う9回の延岡学園は、7回にバックスクリーン弾を放った長池城磨の右線二塁打を皮切りに、4安打を集中させ勝負を決めた。サヨナラが成った9回裏に、勝負どころを逃さなかった延岡学園。そして同じ局面でタイムリーエラーが飛び出してしまう聖心ウルスラ。これが石田監督のいう“経験の差”ということになのだろう。

(文=加来慶祐

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>