試合レポート

下妻二vs土浦湖北

2010.10.01

2010年10月01日 土浦市営球場

下妻二vs土浦湖北

2010年秋の大会 秋季茨城県大会 準々決勝

一覧へ戻る

2安打完封をした諏訪君(下妻二)

県内公立の雄対決は好投手戦、下妻二が土浦湖北を2安打完封

 雨で、日程がずれ込んでいた茨城県大会の準々決勝。この日も前日夜まで降り続いた雨でコンディションが心配されたが、予定通りのプレーボールとなった。

 県内の公立校では、近年安定して上位に進出している両校。チームカラーも似通っており、ライバル同士といってもいいのだが、期待にたがわぬ好試合になった。試合は、予想通りテンポのいい投手戦で進んだ。

 土浦湖北はやや変則気味で手の出所がわかりにくいという特徴のある右の佐藤翔太君。下妻二は抜群の制球力がある左腕の諏訪君という両先発投手が自分のリズムを守って好投していた。ともに、背番号は11番、10番と2桁を背負ってはいるものの、存在としてはエース格といってもいいだろう。

 4回を終わった時点でともに3人ずつで抑え、一人の走者も出させない状況が続いていた。

5回にやっと土浦湖北が小松崎君のボテボテの内野安打で出塁し、バントなどで三塁まで進めたが無得点。その裏、下妻二も初安打が出たものの得点にいたらず、5回を終えて僅かに50分。スピーディーな展開だった。

 こうなると怖いのは、失策、不用意な四球、一発長打ということになるのが常なのだが、6回は下妻二に九番高橋君の左線二塁打が出た。バントで1死三塁とされても、ここから佐藤翔君が踏ん張った。そのまま延長の可能性も十分に考えられる展開となってきたが迎えた7回、先頭の四番後藤君が狙いすましたかのように初球を叩いて左翼スタンドへ運んでいった。佐藤翔君としては、ここまで抑えていたスライダーが少し甘く高めに入ったところだったが、それを呼び込んだ後藤君が一枚上だったということだろうか。


谷田部君(土浦湖北)

 これで勢いづいた下妻二は、8回にも1死から一番石内君が右越三塁打すると、スクイズもありかなと思われた場面で、二番廣瀬君は迷うことなく打っていって期待に応えるタイムリーの左前打で2点目が入った。

 試合後に、小菅勲監督はこの場面について、「この大会に入って一番当たっている打者でしたから、6回の同じ場面でも打たせました。その時は打てなかったのですが、次は打てるだろうと思ったのですが、前打席の失敗を修正してうまく打ってくれました」と、まさにベンチの信頼に応えたものだった。そして、「こういう苦しい展開の試合をものに出来たということで、試合を通じて選手たちは確実に成長していってくれます」と、ここへ来て好感触を得ている様子だった。

 この日の諏訪君の出来からしても、あと1イニングで2点リードは下妻二にとってセーフティーに近いといってもいいものだった。9回の諏訪君は、投手返しの打球を背面キャッチみたいな形で阻止して内野ゴロとするなどの妙技も披露しながら抑え、結局2安打完封。見事といっていい内容だった。

 これで、いつも競った戦いをしながら下妻二に対しては公式戦では6連敗となってしまった土浦湖北。「別に苦手意識とか、そういうものではないのですが、いつもこういう試合で負けてしまうということは、どこかに微妙な差があるということなのでしょうか。投手を中心にして守っていく野球というのは、ウチのスタイルですから、これにもう一つ何か加えないと…、それが来年までのテーマです」と、小川幸男監督は、がっくりとしつつも、しっかりと新たなチーム作りを見据えていた。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード