試合レポート

埼玉栄vs大宮東

2010.09.30

2010年09月29日 県営大宮球場

埼玉栄vs大宮東

2010年秋の大会 秋季埼玉県大会 3回戦

一覧へ戻る

試合シーン

ミスにソッポを向く勝利の女神

 両チーム県大会初戦は硬さもありあまり打てずに迎えたこの試合、硬さも取れ点の取り合いになるかと思われたが、試合は意に反し序盤から両チームの凌ぎあいになる。

 埼玉栄の先発は初戦の市立川口戦同様、背番号10の右腕佐藤(大)が先発する。カーブの他に落ちる球を駆使し打者を抑える。

 一方、大宮東の先発は左腕の吉嶺。ややコントロールに難があるが、重そうなストレートを投げるピッチャーである。

 先制は大宮東]。1回表、2死2塁から4番高山がカーブをうまくとらえ、ライトオーバーのタイムリー2ベースが飛び出し先制する。高山は昨季から主軸を打ちホームランも打っていたが、穴も多かった。新チームになり4番としての自覚が生まれたか確実性が増した印象を受けた。

 対する埼玉栄も1回裏、エース吉嶺の立ち上がりを攻めたて1死2、3塁のチャンスを作るが、ここは吉嶺が踏ん張り4、5番を抑え得点を与えない。

 埼玉栄は2回裏も先頭の徳丸がサードゴロエラーで出塁しチャンスを得る。すると、大宮東ベンチはすぐさまエラーした木戸に代えサードに秋山を送る。このあたりは大宮東の一球への厳しさが垣間見えた瞬間だった。

 だが、代わった秋山も1死2塁ピッチャーゴロで飛び出した2塁ランナーへの挟殺プレーの間の送球を取り損ね1死2、3塁と傷口を広げてしまう。

 埼玉栄はここで佐藤(大)に打席が回る。ベンチもこの回がチャンスとみたのか、市立川口戦6回まで好投した佐藤(大)を早くも諦め、代打坂本を告げる。坂本の当たりはライトへ上がり犠牲フライには十分かと思われたが大宮東・ライト松本の好返球でホームタッチアウトとなり、またしても無得点に終わる。

 


試合シーン

 まずは、大宮東]だが、3回表からマウンドに上がった板橋に対し4番高山こそヒットを打つが後続を抑えられてしまう。板橋は先発の佐藤(大)と同タイプの投手だが、この日の板橋は佐藤(大)よりも制球が良くその後も大宮東打線を落ち着いて抑えていく。

 一方の埼玉栄は、3回裏先頭の角田がレフト線へ2ベースで出塁するとその後犠打や四球、盗塁などで2死2,3塁のチャンスを作る。ここで5番の石田の打球はサードゴロだが、この打球をまたしてもサード秋山がエラーをし、1-1の同点となる。

 さらに、2死1、3塁のチャンスが続く。たまらず、大宮東ベンチはピッチャーを左の吉嶺から右の渡辺へと代えさらにキャッチャーとサードを代える。

 埼玉栄ベンチはこの相手が浮き足立ったこのチャンスを逃すはずもなかった。ここでダブルスチールを敢行する。代わったキャッチャー山中は2塁へ普通に投げてしまったこともあり、1塁ランナーが挟まれる間に3塁ランナーが悠々ホームインする。ついに埼玉栄が2-1と逆転しこの回を終える。

 3回裏のチャンスを相手のエラー絡みで物にし、逆転した埼玉栄はとうとう試合の流れを掴んだ。
すると、5回裏には2死3塁から3番鈴木(良)に右中間へのタイムリー2ベースが飛び出す。埼玉栄は3-1とし少ないチャンスを確実に物にする。

 一方の大宮東は、チャンスこそ作れどなかなか得点には結びつかない。8回表には昨季のメンバーである2番中田、3番今川の連続ヒットで無死1、2塁とし、打席にはここまで3打数3安打の4番高山とこの試合最大の見せ場を作る。だが、高山はボテボテのセカンドゴロに終わり(真の4番はこういう場面で結果を出して欲しい!!)1死2、3塁となる。2死後打席には代打の切り札天内が立つと3塁線へ強烈なライナーを放つ。だがこれを埼玉栄・サード鈴木(良)に横っ飛びで捕られ万事休す。埼玉栄がこのまま最後まで3-1で逃げ切った。

 大宮東は守備陣のミスが命取りとなり最後は勝利の女神にソッポを向かれた形だが、他にも問題がある。何よりも打線に迫力がないことだ。これが近年大宮東の低迷と無関係ではあるまい。大宮東といえば代々強力打線が売りであった。もちろん、投手陣の整備や守備力の強化も課題だが、まずは高山に続く存在が必要ではなかろうか?この冬しっかりと下半身を鍛えバットを振り込み攻撃陣のレベルアップをして夏を目指して欲しい。

 一方の埼玉栄も試合巧者ぶりを発揮し勝利こそ物にしたが、未だ打撃陣の爆発はみられない。次の浦和実戦で打撃陣の爆発なるか?

(文=南 英博

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!