試合レポート

愛工大名電vs愛知

2010.09.28

2010年09月26日 熱田球場

愛工大名電vs愛知

2010年秋の大会 秋季愛知県大会 準決勝

一覧へ戻る

浜田達郎(愛工大名電)

大型選手揃いの愛工大名電。村山、浜田ら注目選手が目白押し

米大リーグ・マリナーズのイチローや、中日ドラゴンズの堂上兄弟(剛裕・直倫)は、愛工大名電の出身だ。イチローはこのほど10年連続200安打の偉業を達成し、堂上兄弟も今年ブレイクした。

囲み取材でその話題を振られると、倉野光生監督は「(愛工大名電に)風が吹いてきたかな?という気はしますね」と、多少のリップサービスはあるにせよ、OBの活躍と新チームの好成績を重ねて、良い流れを感じている様子だ。

昨秋は県大会で初戦敗退を喫したが、今秋は東邦などライバル校を撃破。この試合もつけ入る隙を与えない試合運びで大勝し、東海大会の出場権を手に入れた。

投打の軸が活躍した。投げては、1年生左腕の浜田達郎が7回を無失点に抑えた。

「この大会で成長している。何が良いのか分からないけど、夢中で投げているのがいいのかもね」と倉野監督は話すが、浜田の素質の高さは注目に値する。

ストレートの最速は137キロ。変化球も多彩で、最大の武器はパームというからおもしろい。182センチ、87キロの体格通り既に貫禄十分で、1年生とは思えないマウンドさばき・落ち着き。コントロールに気をつけながら、いい意味で淡々と放れるのだ。


村山賢輔(愛工大名電)

「最初(1回表)のサードの打球を見ても分かるように、かなりのパンチ力がありますよ」と倉野監督が期待する1番打者の村山賢輔は、4回表に高校通算26弾目を左翼席へ運んだ。

低目の球に足で粘って、柔軟かつ豪快なスイングから放たれた素晴らしいホームランだったが、それ以上に1回表に放った「最初のサードの打球」が衝撃的だった。痛烈なサードへのゴロで、三塁手が弾いてしまったのだが(強襲ヒット)、弾かれた打球は勢いを失うことなく、中堅手の前まで転がっていったのだ。普通、三塁手が弾いた打球は遊撃手の周辺に転がるものだが、打球の勢いそのままにセンターまで届くというのは、いかに打球が猛烈だったかを物語っている。

さて、村山に大きな注目が集まるが、3番を打つ田中彪(ひょう)も見逃してはいけないので、ここで是非紹介しておきたい。この日はセンターからライト方向へしっかり叩きつけるバッティングで3安打2打点。

重厚な打球音からも強打者ぶりが分かり、高校通算ホームランは21本を数える。「村山とは、チーム内で競い合う間柄です」とは本人談。183センチの大型で一塁を守るが、決して動けないわけではなく、50m走で6秒を切る俊足、遠投100mを超える強肩を持ち合わせる。中学時代はボーイズリーグの強豪・四日市トップエースに所属し、同ボーイズの先輩・谷口雄也(前チームの主将)に憧れて愛工大名電に進んだそうだ。

他にも愛工大名電には、バットコントロールがいい5番打者の幸村一輝(身長181センチ)、軽快な守備が光る遊撃手の冨沢一晃(同178センチ)など、上背がありセンスもスピードも光る選手が揃う。また、1年生ながら二塁手でレギュラーの佐藤大将(だいすけ)は、守備が特筆モノで、センターに抜けるかという打球にことごとく追いついていた。際どい打球にも足で追いつけるから、その後の送球にもブレがない。センター方向へ弾き返す巧みな打撃に、走塁もスピーディー。これらの選手も、またあらためて詳しく紹介できればと思う。

次の土曜日に県大会決勝、1ヶ月後には東海大会が控える。「翌春のセンバツ甲子園を見ちゃった(=意識してしまった)チームは負けるんだよね。目の前の一試合一試合をしっかり戦っていくだけです」と、倉野監督は最後に気を引き締めた。

(文=尾関 雄一朗

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?