試合レポート

高松北vs観音寺一

2010.09.26

2010年09月25日 レクザムスタジアム

高松北vs観音寺一

2010年秋の大会 平成22年度秋季四国地区高等学校野球香川県大会 3回戦

一覧へ戻る

佐々木亮馬投手(高松北1年)

試合の中で成長した高松北、観音寺一との接戦を制す!

序盤からお互いに点の取り合いで始まった公立校同士の対戦は、その後も2回・5回裏に観音寺一が勝ち越せば、3回・6回表に高松北が追い付くといったように、絵に描いたような接戦が繰り広げられた。

その混戦を制したのは「観音寺一とは実力差があるので、2点ビハインドで後半勝負というプランを描いていた」(多田慎監督)高松北であった。

8回には1死2塁から7番・山地宏亮(1年)のタイムリー2塁打でこの試合はじめてのリードを奪うと、4対4で迎えた土壇場の9回2死2塁からは、ここまで無安打だった4番・畑本賢吾(2年)が、力投を続ける観音寺一のエース・田中大貴(2年)が投じた外角高めの直球をレフトへ流し打ち。
これが試合を決める決勝打となったのである。

試合後の多田監督はこの2人以外にも、6回3分の2を3失点と「3回からは四死球がなくなって」試合を落ち着かせた左腕の佐々木亮馬(1年)や、

センターでの的確なポジショニングと3回にノーサインで3盗を決め、同点の契機を作った「自分で考えて野球ができるようになった」2番・樋口達哉(2年)にも最上級の評価を与えるなど満面の笑みを隠せない様子であった。

それもそうだろう。最速141キロ左腕の奴賀康弘などの主力が抜け、わずか19人の選手になったにもかかわらず、今春のベスト4、今夏のベスト8に続く3季連続ベスト8に進出できた理由は、紛れもなく試合中に確かな成長を残した選手たちの力によるものだったのだから。

(文=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!