試合レポート

阿波vs美馬商

2010.09.13

2010年09月12日 アグリあなんスタジアム

阿波vs美馬商

2010年秋の大会 第63回徳島県高等学校野球秋季大会 1回戦

一覧へ戻る

細川直人投手(美馬商)

正部員7人美馬商、大健闘の7回コールド負け

結果は阿波の7対0で7回コールド勝ち。ただしこの試合における主人公は間違いなく少林寺拳法部とボランティア部から助っ人を借りて9人ギリギリで戦い敗れた美馬商であった。先月の県新人西部ブロック大会では同じ阿波に1対14で7回コールド負け。今夏県大会では1回戦でに0対18で5回コールド負け。6月の県総体協賛ブロック大会でも阿波に0対16で7回コールド負けを喫していた彼らにとって、序盤に守備の乱れから5点を失ったものの、その後は細川直人(2年)が踏ん張っての7点差負けは善戦以外の何ものでもない。

その秘訣は夏休み中の練習にあった。種盛浩士監督はこう語る。「夏休みはいつも阿波西名西と合同練習をしているのですが、そこで目的を持って練習ができたことで『またか』というミスがなくなってきたことがよかったと思います」。

主将の藤村直輝二塁手(2年)も「3校合わせると毎週試合ができるので、実戦での守備を学べることができた」とその効果を強調。

昨秋、今春は正部員が4人だけだったため県大会参加すら叶わなかった美馬商にとって、試合の中で野球を学ぼうとする懸命な姿勢は一種の爽やかさすら感じるものだった。

最後に「前より守備は堅くはなったが、まだ判断の部分が甘いのでそれを修正していきたい」と、これから迎える冬練習への課題を述べた美馬商・藤村主将。レベルの過多はあれども、選手たちが、そして一歩ずつでも成長している姿を試合の中で感じ取れること。それも高校野球の面白さであり、私たちが高校野球に惹かれる理由である。

(文=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>