Column

帽子に込めた球児達の想い

2010.09.01

興南高校の優勝で幕を閉じた第92回全国高等学校野球選手権大会。
今年の夏も球児たちはそれぞれの「想い」を胸に、戦った。
夏の大会は3年生にとってみれば、「敗退」=「引退」の大会である。
負ければ終わりという緊張感のある戦いの中で、選手達は色々な形で自分の「想い」を形にして気持ちを奮い立たせている。
その一つが帽子のつばの裏に書く「想い」。
初めて気になったのは「ありがとうの気持ち」という言葉だった。冷静なイメージの強いある強豪校の選手だったが、その一言が帽子のつばにそう書いてあるのを見てその選手自身が印象に残った。
今回のコラムでは夏に出会った球児達の帽子のつばに書かれた「想い」を、その意味を教えてもらいながら紹介していきたい。

日大鶴ヶ丘高校 「笑鶴」

帽子に込めた球児達の想い | 高校野球ドットコム

負けた試合の日が刻まれた岡崎君の帽子

 日大鶴ヶ丘のエース岡崎君の帽子には「2008 10/11 5-6X vs東京」と真ん中に大きく書いてある。
これは岡崎君が1年生の秋、初めて公式戦で投げた試合の結果だ。勝っていた試合で最終回に6点取られて負けた悔しさを忘れないために書き続けているという。
このときの試合の悔しさを同じように帽子に書いている選手がいた。キャプテンで4番の石田君だ。
1年生で背番号7をもらったものの、結果が出すことができずベンチでこの試合に負けるのを観ていた。「試合に負けたこともくやしかったが、自分が出ていないことも悔しかった」と振り返った。

そんな石田君の帽子には「結果がすべて」とも書かれている。2年生の秋に結果が出せなかった想いがこの言葉になった。
練習中に監督が「結果が出ない練習は練習ではない」と話していたことも影響している。高校の3年間で何百とあった試合の一つ一つが3年生の最後の夏につながっているのだ。

 今年の日大鶴ヶ丘は監督もチームカラーを「我慢」と言うように、粘り強く守る試合で勝ち上がってきた。
あきらめない、そんな想いがチーム全体に浸透していた。それが最大限に発揮されたのが西東京の準決勝。
センバツ準優勝を果たした猛打の日大三を相手に延長14回、試合時間4時間16分という我慢勝負の厳しい試合になった。
そんな中、日大鶴ヶ丘の選手は明るかった。榎本君の帽子に書かれた「笑鶴」という言葉は3年生の試合Tシャツに使った笑いの耐えないチームを表現したものだ。

帽子に込めた球児達の想い | 高校野球ドットコム

仲間から想いをたくされた東濱君の帽子

 笑うという言葉は様々な選手が口にした。メンバーには入れなかったものの、おもしろいと誰もが名前をあげたムードメーカーの神谷君は今大会打撃が好調だった東濱君の帽子にドラえもんを書いた。東濱君は緊張したらこれを見て頑張りますと笑った。
東濱君の帽子には他にもメンバーにはなれなかった3年生の言葉が書かれていた。部活で同じ係りをしていた津田君と古田君、3年間帰り道を共にした小林君だ。小林君は「甲子園であばれろ!!俺の俊足があればもっとよかったのに」、津田君は「甲子園で駆け回る東が見たい!」と試合に出られない想いを託した。
そして古田君は「最高の仲間と最高のプレー」と書いた。スタンドの想いと共に戦った日大鶴ヶ丘高校は準決勝を劇的なサヨナラ勝利で飾った。

スタンドの東良君はメンバーに「心は一つ」と帽子に書いてもらった。さらに「笑いだけはゆずれない」と書いてある。お笑い担当なんでと話した東良君の他にも、お笑い担当を名乗り出る部員が何人も出てくる笑いの耐えないチームだった。

マウンドやグランド、そしてスタンド。それぞれの場所から一丸となって戦った日大鶴ヶ丘だったが、準優勝とあと1歩及ばなかった。


都立日野高校 「甲子園を目指す楽しさ」

帽子に込めた球児達の想い | 高校野球ドットコム

部訓と3年生の名前でいっぱいの田村君の帽子

 昨年夏にベスト4と快進撃を巻き起こしたチームのレギュラーメンバーが多く残った都立日野は、今年こそと甲子園へとの思いが強かった。キャプテンの和智君はこの一年甲子園という言葉をずっと意識してやってきたという。鈴木君の帽子には「甲子園に行く」そして「笑顔」と書かれている。昨年スランプから抜けだして野球の楽しさを改めて感じたときに笑顔の大切さを感じたそうだ。嶋田監督も昨年の日大三戦の前にはユーモアのある発言で選手を和ませるなど、チームとしても笑顔が良いプレーを引き出していたようだ。今大会のバッテリーは2年生エースの筒井くんとキャッチャー湊君。彼らがのびのびとプレーをした背景には都立日野の3年生がそういう楽しい空気を作ってくれているからだと湊君は話した。

その湊君も「キャッチャーだから自分が笑顔でいることが大切かな」と試合中も笑顔でピッチャーに駆け寄る姿があり、上級生の作ってきた都立日野の野球を受け継いでいた。

大会直前、都立日野はずっと投手陣を引っ張ってきた松本君が怪我をするハプニングがあった。その松本君は中学生の頃から帽子に「常勝」と書いている。勝哉という名前もあり、常に勝負には勝ちたいとこだわりを見せていた。それだけに悔しさも人一倍だっただろう。それでも試合では松葉杖をつきながら守備から戻ってきたメンバーを迎え、円陣にも加わり選手に声をかけていた。その想いを受けてマウンドに立った田村君はメンバー発表があった後に3年生全員に名前を書いてもらった。「マウンドって孤独な面があるので皆に名前を書いてもらって一人にならないように。それを見たら皆がついていると思える。」試合中に田村君が見上げる帽子は3年生の名前でいっぱいで、けして一人ではないと感じただろう。

帽子に込めた球児達の想い | 高校野球ドットコム

「楽しむ」と「No.1」と書いた笑顔の藤巻君

昨年から猛打の日野と打撃のチームとして快進撃を続けた都立日野であったが、今大会ではその打線の不調で苦戦を強いられ、3回戦の都立四商戦では好投手及川君に5安打に抑えられた。その中で貴重なタイムリーを放った菊池君の帽子には「笑顔」「スマイルベースボール」と書いてある。都立四商との試合後「本当に打ててよかったです」とやはり笑顔を見せた。嶋田監督に「ベンチが落ち込まないように笑顔でやるように」と言われたことを実践し、凡打に終わっても笑顔で元気を出すことを意識してきたという。「つらいときこそ笑顔、ピンチのときこそ笑顔と思っています。たぶん試合中もよく笑っていますよ」と話した。菊池君のタイムリーでホームに帰ってきた藤巻君の帽子には「楽しむ」と書かかれ、さらに「No.1」の文字もあった。「プレッシャーを楽しむことは難しいけど、できたらいいなと思って」と3番でチームの打線を引っ張ってきたたくましさが伺えた。

東京No.1を目指して、そして甲子園の舞台へ。それを意識した厳しい練習を続けてきた。だからこそ得ることのできる楽しさを感じながら夏の大会に挑んだ。しかし5回戦で東亜学園に敗れ、想いを果たすことは出来なかった。

言葉にする意味

帽子に込めた球児達の想い | 高校野球ドットコム

高橋君・様々な言葉の中に「心」の文字

その他にも今年の夏も様々な言葉があった。帝京のキャプテン小林君の帽子には「熱く冷静に」と書かれていた。2年生からベンチ入りし、ベンチの一番前に立ってグランドを熱心に見つめては選手に声をかけていた小林君の姿を思い出した。熱く冷静に、まさにそんな姿だった。
小林君は5回戦で国士舘に負けた瞬間、帽子を握り締めながらしばらく動くことができなかった。

また、ノーシードからその帝京を倒して勝ち上がった国士舘の高橋君の帽子には先輩からのもらった多くの言葉の中に今年のチームのテーマである「心」と書かれてあり、今年のチームは本当に心を一つにして戦えていると笑顔を見せた。その国士舘も準決勝で修徳に敗れた。2年生で4番の岡君が泣きながら手にしていた帽子にはただ一言、「勝つ」と書かれていた。

帽子のつばという小さなスペースの中の言葉には見た目以上に大きな想いが詰め込まれていた。己が掲げた想いや仲間から託された想い、指導者からの言葉を一つ一つ大切にする気持ちが帽子の言葉になっていた。その言葉を見るたびに選手は書いたときの気持ちを思い出すことだろう。それを何度も振り返りながら甲子園に向けた夏の大会に挑み、目の前のプレーに全力をぶつけたことだろう。今年の夏も様々な球児の帽子のつばの言葉を眺めながら、その選手が野球に打ち込んだ日々に思いを馳せた。

[:addclips]

[pc]
<!–

–>
[/pc]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード