試合レポート

東海大相模vs横須賀総合

2010.09.19

2010年09月18日 保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム

東海大相模vs横須賀総合

2010年秋の大会 秋季神奈川県大会 準々決勝

一覧へ戻る

近藤正宗(東海大相模)

準優勝戦士、経験の差で好投手・中村を攻略

甲子園準優勝の東海大相模と慶応義塾を破り勢いに乗っている横須賀総合の対決。試合は中盤まで3-2と接戦であったが、7回に東海大相模が集中打を浴びさせコールド勝ちした。

秋季大会は、新チーム結成後すぐに行われる為、経験値や投手力が結果に反映されやすい時期だ。甲子園で勝ち上がったチームというのは新チーム発足が遅れ、調整が遅れたまま迎えることになり、早々と敗退するチームが多い。

東海大相模もチーム作りが遅れていないか心配だったが、どうやらそれは心配無用だったようだ。前チームでレギュラーを張っていた渡辺勝田中俊太、ベンチ入りしていた菅野剛志臼田哲也近藤正崇が中心となって横須賀総合の中村投手を攻略した。

3回の裏、ここまで抑えられていた東海大相模。二死からトップバッターの渡辺が四球で出塁。渡辺は盗塁を敢行し、成功させる。ツーアウト二塁から臼田がライト前ヒットで渡辺が生還。中継の間に臼田は二塁へ。3番田中が詰まりながらしぶとくライト前へ打ち返し、2点目。さらに4番佐藤のセカンドエラーの間にカバーの遅れを突いて3点目をもぎとり、少ないチャンスから3点を先制した。

 そして7回の裏にワンアウト一塁から2番臼田が右中間を破るスリーベースで4点目を入れ、田中俊太もライト前ヒットで続き、5点目。5番菅野もようやくヒットを放ち、6点目。それ以降、打線がつながり、コールド勝ちを収めた。相模の得点はすべて彼らが起点となっており、改めて経験値の違いを見せつけた。やはり前のチームから緊迫したゲームを経験してきた彼らだけにしっかりと攻めどころがわかっている。出遅れが気になったが、投手力を除いては昨年とほぼ精度の高い野球を見せており、神奈川を牽引するチームになりそうだ。


田中俊太(東海大相模)

 渡辺勝 :前チームからトップバッターとして活躍。上からしっかり叩くことができる好打者。引っ張りの傾向が強かったが、この試合ではしぶとくレフト前ヒット、そして盗塁と嫌らしさは確実に増している。守備も安定しており、強肩。攻守にバランスの取れたプレーヤー。

 臼田哲也 :昨年はレギュラーだったが、打撃不振により控えに。不調は脱しているようで、この試合では右へ強い打球を2本。ベースランニングも実に速い。守備範囲も広く、シートノックでは強肩を見せつけた。

 田中俊太 :前チームから3番に座る。ミート・力強さを兼ね備えた打撃と高校生離れした守備が魅力。特に守備ではスナップスロー、ランニングスローといった難しい動作を簡単にこなす。それができているのは基礎がしっかりしているから。生で見ると彼の守備力の高さを強く実感することになるだろう。

 菅野剛志 :昨秋はレギュラーだったが、選手権では控えに甘んじた。ミートが上手い選手だったが、今日見た限りでは打球に力強さが増してきており、成長している。ベースランニングも実に上手く、三塁を蹴った時の膨らみが小さく、無駄のない走塁ができている。
 

その他で気になった選手はエースの近藤正崇と正捕手佐藤大貢

近藤は最速141キロを誇る本格派右腕。今まで一二三慎太江川恭介しか見たことがなかったので、なんとしてでも見たかった投手であった。

がっしりとした体格から投げ込む直球は130キロ~135キロぐらいか。あまり伸びを感じないので、結構当てられる球質。そのためスライダー、フォークで交わしていく投球だ。本格派ではあるが、打たせて取る投球を展開する。特徴的なのはテンポが早いこと。捕手からボールを受け取ってからはすぐに投球姿勢に入る。そのためこのテンポが崩されると制球を乱しやすい。4回で2失点したときは投げ急ぎが目立ち、ボールが走らず、捉えられていた。まだ課題は残るが、まだ新チームが始まったばかりである、投げて実戦力を磨いていってほしい。また打撃では場外性の大ファールを打ち、打撃で大物ぶりを見せた。投打両面で注目してみたい選手だ。

佐藤は強肩強打の捕手。スローイングタイムは平均2.00秒と高校生としてまずまずの強肩。打撃ではノーヒットであったが、力強い打球を飛ばしていた。主将ということもあって声を張り上げて選手を鼓舞して引っ張る司令塔だ。ちなみに彼は柳葉敏郎氏の甥っ子。似ているかどうかは球場でご確認してもらいたい。

慶応義塾に1失点完投勝利を挙げた横須賀総合中村裕行(2年)は噂どおりの好投手であった。右スリークォーターから投げ込む直球は常時120キロ後半~135キロぐらいか。球持ちが良く、指がかかったときは素晴らしいボールを見せる。変化球は横滑りするスライダーとフォーク。特にスライダーのキレは抜群で、慶応義塾の打者が苦労している姿は想像できた。

両サイドにしっかり投げ分ける制球力はあり、投球の完成度も高く、間違いなく今年の神奈川では5本の指に入る投手だと確信した内容であった。牽制・クイックもしっかりしているし、更に実力を伸ばして欲しい投手だ。

その中村をリードする阿久津智大捕手も強肩と軽快なフットワークが売りの捕手。スローイングフォームが実に綺麗な捕手で、ノックから力強い返球を見せており、フットワークも軽快であった。リード面も粘り強いリードで相模打線を途中まで抑えていたが、7回に追加点をいられたところから集中力を失ってしまい、パスボールや単調なリードになってしまった。打撃も全くタイミングがあっておらず、課題は打撃と集中力の持続ということが明らかになっただけも収穫だ。4番の原田は3安打。センター前2本、レフト前1本。いずれも変化球を捉えており、上手さよりも粘っこさを感じる打者だ。 守備もたまに目測が誤ることはあったが、打球勘もよいし、地肩もそれなりに強く、まとまったプレーヤーだ。

横須賀総合はシートノックからキレの良い守備を見せており、すぐに好チームだということが分かった。来年の春は成長した姿を見せて、東海大相模横浜を脅かす存在になってほしい。

(文=編集部 河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?