試合レポート

履正社vs大和川

2010.09.13

2010年09月12日 履正社茨木グランド

履正社vs大和川

2010年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大阪府予選 1回戦

一覧へ戻る

飯塚孝史投手(履正社)

夏の大阪王者、現実への帰還

 今夏の大阪チャンピオン・履正社が新チームの初戦を迎えた。甲子園でも3回戦、8月16日まで戦った旧チーム。2年生6人がスタメンに名を連ねていたこともあり、新チームの評判も大阪では高い評価が秋の大会が始まる前はあった。

 その初戦。結果から先に書けば5対0。5点のうちタイムリーは9回に飯塚孝史(2年)が放った1本だけ。9安打はすべて散発。この事実だけ書けばややもの足りないようにも見える。

「こんなものです。練習試合とは違いますから」と話した岡田龍生監督

下級生が多いチームが甲子園で勝ち進むと怖い面がある。それは新チームへの気持ちの切り替えがすぐにできにくいという点。飯塚に話を聞いても「なかなか気持ちの切り替えができませんでした」と否定しなかった。甲子園という興奮状態の所から現実への帰還をどう図るか。今年の履正社は敗れた次の日に新チームがスタートし、下級生はほとんど休みなしで秋に突入した。

練習試合も関東遠征をおこなうなど、15試合以上はこなせたという。5試合に満たない数で秋に突入するチームが多い中で、この数字は大きい。地道に実戦をこなすことで、現実への帰還は確実に図れているように思えた。それが犠牲フライにスクイズ2本、さらにダブルスチール崩れの間で残りの4点を挙げた部分に繋がるだろう。タイムリーが出なくても、走者が出れば得点機を常に伺える履正社らしい野球は示した形だ。

 新エースとなった飯塚も「調子が悪かった」と話すように苦しんだ。それでもテンポの良さではなく、いつも以上に慎重に入ったことが功を奏し、立ち上がりの1、3塁のピンチでのスクイズは冷静に外した。


坂本誠志郎主将(履正社)

 大和川打線が外角の球を狙ってきていたが、2回から8回までは危なげないピッチング。9回に背負った1死3塁のピンチは「点を取られたら恥ずかしい気持ちだった」と意地で完封に繋げた。しかし完封しても納得した様子ほとんど感じられなかった。

 「経験者が6人いると言っても、それほどの力があるわけじゃない。江原(祥太・旧主将)などの3年生に引っ張られていたわけですから。打って流れを変えられる打者もまだいません。今の自分達の実力がどんなものかこれで選手もわかったと思います」と話した岡田監督。

 序盤は週単位の秋は勝っていくことで、また次の試合へ向けての練習に弾みがつく。

(文=松倉 雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!