試合レポート

東京成徳大高vs桐朋

2010.09.12

2010年09月12日 桐朋G

東京成徳大高vs桐朋

2010年秋の大会 東京都 秋季大会ブロック予選 1回戦

一覧へ戻る

試合シーン(東京成徳大高)

ミスに揺れた試合、東京成徳大が桐朋を下す

エラーの多い試合だった。正面のゴロを待って脚が止まったためにはじいたという単純なものだ。焦りやイレギュラーとも言ってしまえるが、同日の他の試合でもやはり同じようなミスがあった。

第一試合の東農大一の試合前のノックのとき、ピッチングを受けていて後からノックに合流した捕手の飯泉に「あまり(ボールが)はねないよ」と他の選手が声を掛けていたのを思えばそういうグランドの状態だったのかもしれない。

シートノックでグランドの感触を確かめることは当然だが、誰かがしたエラーを同じグランドにいる自分がしないということはない。同じエラーを繰り返さないためにも、人事にせず自分の足元を確認することから大切にして欲しい。

試合の方は初回、桐朋の2塁打を放った伏木は4番池永のライト前ヒットでホームを目指したが、東京成徳大高のライト鈴木の好返球に先制点を阻まれる。

その後東京成徳大高桐朋の敵失を絡めて3点を奪い試合をリード。
しかし5回に桐朋が一気に5点を入れて試合をひっくり返した。

このまま試合は桐朋で決まりかと思われた9回、桐朋はエラーや四球で満塁のピンチを迎える。ここで大きく上がったフライをセンターが落球。桐朋は同点に追いつかれるとそのまま逆転を許し、6対5で東京成徳大高に敗れた。

(文=高校野球情報.com編集部)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード