試合レポート

向上vs鶴見大付

2010.09.11

2010年09月11日 等々力球場

向上vs鶴見大付

2010年秋の大会 秋季神奈川県大会 2回戦

一覧へ戻る

左:青木監督(鶴見大付)右:平田監督(向上)

お互いを知り尽くした戦い

よく知っていること。
それがいい面にも、悪い面にも出る。
向上・平田隆康監督と鶴見大付・青木康尚監督。鶴見大の香田誉士史コーチを通じて交流のある2人の関係から、両チームはこれまでに練習試合を1度、合同練習を5度行っている。よく知った仲だ。
創部3年目の鶴見大付に対し、昨夏8強、昨秋4強の向上。監督の思惑はどうあれ、選手たちの中では、合同練習では向上が胸を貸すという図式ができあがっている。
しかも、ノックなどでは技量の差は歴然。
必然的に向上ナインに「オレたちの方が上だ」という思いが生まれる。それが、試合にも影響した。

向上打線は鶴見大付の先発・軟投派左腕の中村の前に本来の打撃ができない。
いつでも打てるという気持ちからか、緩い球を打ち上げ、3回までの9アウト中7つが外野フライ。完全に術中にはまっていた。

「合同練習で力を知っているので、選手たちは勝って当たり前という気持ちがあったはず。それが出ましたね」(平田監督)
守りでも2回に無死からレフトの長井がレフト前への当たりを捕れなかったうえに後逸し、三塁打にしてしまう。結果、スクイズで先制点を許してしまった。
3対1とリードした6回の守りでも、センターの土屋が同じように前の打球を捕れずに後逸。同点に追いつかれる要因となってしまった。人工芝で高く跳ねるのを予想できていなかったこと、どこかで鶴見大付打線を甘く見ていたように感じられた。

だが、攻守に精彩を欠いた選手たちとは逆に、どっしりと構えていたのが平田監督だった。
2回無死三塁の場面では、前進守備を敷かずに内野を後ろに守らせた。1点ぐらいやってもいい。1点では負けないという気持ちの表れだった。
5回にはライトを守っていたエースの今井に代打を送り、ベンチに引っ込めた。この時点では2対1。
終盤までもつれる展開になる可能性があったが、あくまで連戦になる明日を見越した継投を貫いた。


[nophoto]

左:青木監督(鶴見大付)右:平田監督(向上)

[/nophoto]

結果的にスコアは5対3。9回にも2死一、二塁のピンチを背負う場面があるなど、決して楽な試合ではなかった。だが、向上が負ける雰囲気は感じられなかった。その理由は、やはり指揮をとる監督がどっしりと構えていたから。序盤に少しでも平田監督が「こんなはずじゃない」という焦りを見せていれば、それが選手に伝わり、もっとバタバタしていた可能性もあった。監督の姿が、向上ナインを落ち着かせる一番の要因だった。
「エースは明日投げる予定なので。投げないで負けるならそれでもいいかな、と。負けるわけはないと思っていましたけど……」(平田監督)

よく知っているからこそ、甘く見てしまった選手。
よく知っているからこそ、負けるわけはないと思った監督。
似ているようで、全く異なる。
過信と自信だからだ。
選手たちは相手を知っているがゆえに、「ふつうにやれば勝てる」となめてしまった。
だが、平田監督は相手を知り、選手たちを信じていたからこそ、自信が揺るがなかった。

これがもし、鶴見大付のことをよく知らなかったら、ここまでどっしりとした采配はふるえなかったかもしれない。相手の投手力、守備力、打力と自分たちの投手力、守備力、打力。お互いを知っているからこそ、客観的に考えて負ける要素はないと確信を持つことができていた。
よく知っていること。プラスに働かせるのも、マイナスに働かせるのも自分次第。
心理、気持ちがプレー、試合に表れる。
それがよく見えた一戦だった。

(文=田尻 賢誉

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【三重】白子名張、久居農林が県大会出場へ<春季大会地区予選の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?