試合レポート

横浜vs厚木西

2010.09.11

2010年09月11日 保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム

横浜vs厚木西

2010年秋の大会 秋季神奈川県大会 3回戦

一覧へ戻る

山内達也(横浜)

横浜の山内達也と柳裕也は世代を代表する投手になれるのか!?

神奈川秋季大会3回戦が行われた。横浜高校は5回を終えて、5-4と厚木西に苦しめられていたが、8回に一挙5点を入れて、突き放し、8回コールドで勝利した。

この日、目がとまったのは先発した柳裕也と3番手で登板した山内達也。この2人は数多くのエリートが集う横浜高校において最も期待されて入学した選手に違いないだろう。山内にいたっては夏で登板を経験し、決勝戦では最速138キロを計測。東海大相模相手でも堂々とストレートを投げ込む姿に高い将来性を感じた。

一方で柳もこの夏、ベンチ入り。彼も将来の活躍が期待される本格派右腕である。

柳はこの試合で先発した。初めて柳を見ることになるが、なかなか雰囲気のある投手であった。180センチの長身から投げ込むストレートは常時130キロ~133キロとスピードはそれほどでもないが、高校1年の秋でコンスタントに130キロを投げられるのは合格ラインといえる。回転の良いボールを投げこむことができており、素質の高さがうかがえた。変化球は110キロのスライダー、100キロ台のカーブ。投球スタイルはストレート、スライダーを外角中心に投げ込むオーソドックスな投球スタイルだ。

ただフォーム、球筋ともに素直なので、甘く入ると痛打されやすい。またランナーが出てからの投球に課題を抱えており、リズムを悪くして打ち込まれやすい傾向がある。渡辺監督もそれを察してか、3回ツーアウト1,3塁のピンチで降板させた。本人にとっては悔しい登板に終わったが、素質の高さは伺えた。上背はあるし、フォームの土台は良い。変な癖もない投手なので、しっかりとトレーニングを積んでいけば順調に球速を伸ばしていくのではないだろうか。

山内は6回から登板。球速自体は常時120キロ後半とやや物足りない印象。ストレート、カーブ、スライダーをコントロール良く投げ分けて、3回無失点に抑えたあたりはさすがといえる。ただ夏のように135キロ~140キロ前後の速球を安定して投げ込めるレベルに達するにはまだ時間を要するという印象であった。

横浜高校の投手陣はとても楽しみな布陣だ。現エースの斉藤健汰は現段階では極めて完成度が高い投手で、彼も将来楽しみな投手の一人。柳と山内はまだまだだが、順調に成長を遂げれば高卒プロを狙える大器に成長するには確かだろう。この世代を代表する投手になる可能性を秘めている。今後どのように横浜スタッフが彼らを育てて行くのか興味深く見てみたい。


乙坂智(横浜)

横浜の野手で注目していたのは乙坂智。走攻守、三拍子揃ったアスリート型外野手で、夏では桐蔭学園戦で5打点を記録するなど印象深い活躍をしていた選手であった。この夏は1番ライトとして出場した。厚木西バッテリーは彼をかなり警戒していたようで、3打席目まで敬遠気味の四球。第4打席はセカンドゴロ、第5打席はショートフライと当たりがなかったが、第6打席で外角低めのスライダーをとらえ、痛烈なライト前ヒットを放った。

やはりこの選手はボールに合わせるのがうまい。どのコースに対してもしっかりと当ててくるので、三振するイメージがないのだ。ミートセンスが高い彼の構えは独特なもので、捕手寄りに立ちグリップを体の近くに置いて構える姿はどことなく窮屈さを感じるのだが、彼の場合はこの構えによって力みが抜けていいのだろう。グリップを体の近くに置いているので、トップまでの動作を省くことができているが、しっかりと強い打球を生み出すためにグリップの位置を引き上げてから振りだしていく。トップをしっかり形成ができていればどのコースにも対応ができるが、トップが安定しないと体が突っ込んで打つ傾向があるので、そこを気をつけていきたい。

あとはもう少し守備の意識を高めておほしい。カバーリング、シートノックから少し甘さが見られ、完璧とはいえない。素晴らしい脚力と肩を持った選手なので、守備面で鋭さ・目敏さが見られるようになれば高卒プロも視野に入れていい逸材ではないだろうか。

横浜はタレント揃い。その中で一際光っていたのは4安打を打った樋口龍之介(1年)だ。基本がしっかりできており、腰が入ったスイングができる選手。粗さがなく、思い切りの良い打撃ができている。捉えた打球は一伸びしており、打撃は中々面白いものを持った選手ではないだろうか。セカンドの守備もしっかりこなしており、個人的にはこれからも注目したい選手の一人であった。

厚木西ではサードの伊藤達也(2年)とショートの石井駿(2年)に注目。伊藤は3安打。広角に打てる打者で、三方向に打ち分けた。守備を見ると球際は強いし、地肩も中々なもので、かなり鍛えられている。石井は1安打だが、柳からレフト線を破る二塁打を放った。選球眼も良いし、俊足で、守備も安定しており、攻守にまとまった良い選手だ。厚木西が強豪校を脅かすチームになるには今日、登板した3投手の成長と外野手の守備力向上が不可欠になってくるだろう。

(文=編集部 河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード