試合レポート

文徳vs済々黌

2010.08.29

2010年08月28日 藤崎台県営野球場  

文徳vs済々黌

2010年夏の大会 平成22年度熊本市内大会 準決勝

一覧へ戻る

畑野竜聖(文徳)

投打の軸は背番号4ー

熊本市内大会-。
一昨年まで秋季大会のシードを決める大会であったが、昨年からシード権とは関係がなくなった。しかしながら新人戦に位置する今大会は新チーム一発目の公式戦であり、シード権とは関係がなくなった昨年からも引き続き熱戦が繰り広げられている。

準決勝第一試合、文徳vs済々黌は、息詰まる熱戦となり延長に突入した。12回裏、2番・西澤がサヨナラ二塁打を放ち、文徳が決勝進出を決めた。

その流れを作ったのは文徳の背番号4、畑野竜聖だろう。
背番号4でセカンドを守っていた畑野は、9回表から先発した石井に代わってマウンドに立った。
いきなり7番・毛利裕太に左前安打を許すが、後続を断ち、9回最後の打者を勢いあるストレートで見逃しの三振に仕留め、守りからリズムを作った。

その裏、1点を追う文徳は、その畑野(3番)からの好打順となった。畑野は、前打席まで左打席で立っていたが、この打席は右打席に立った。相手のサブマリン右腕・園部隼平が交代したわけでもない。「高校に入学して両打ちになったのですが、今日は左が当たってなかったので右打席に入ってみました」と目先を変えるなど自分なりに工夫したようだ。結果は三塁ゴロに終わったが、続く4番・山口の中前安打などでチャンスを作り、2死から相手投手のワイルドピッチを招き、土壇場で文徳が追いついた。
そして畑野はその勢いをそのままピッチングへと繋げていった。10回表はいきなり3、4番から連続三振を奪い、9回から続けて三者連続三振を奪うなど結局、4回を投げ、済々黌打線を被安打1に抑え込んだ。「今日はコントロールが悪かったのですが」と本人は苦笑いするが、本調子でない中でも威力あるストレートと鋭く曲がる縦カーブから高い能力が垣間見えた。

畑野は、今夏、3年生39名いた中でも下級生として唯一ベンチ入りした2年生で、夏の初戦は3番レフトでスタメン出場するなど下級生時から期待されている選手。託麻中学時代はFBボーイズに所属し、エース兼遊撃手として活躍した逸材である。
「今年は目立った選手はいませんが・・」という森崎秀樹監督も頼もしい背番号4に目を細めていたように思えた。

済々黌では、夏(2番二塁手)からレギュラーの1年生、1番遊撃手・西昭太朗のセンスが際立っていた。独特の歩き打ちからこの試合、3打数2安打、3四球と巧打に抜群の選球眼、それに加え機敏な動きの守備も光っていた。
新チーム結成後、まだ浅いこの時期、これから精度を求めていくだろうが、両チームともに粘りがあり、随所に高い能力をみせてくれた。公式戦という緊張感の中、課題もみつかっただろう。両校とも更なる仕上げをみせ、秋季大会の活躍に期待したい。

(文=PN アストロ


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.25

筑波大新入生に花巻東、國學院栃木、北陸の甲子園組! 進学校からも多数入部!

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!