試合レポート

興南(沖縄)vs東海大相模(神奈川)

2010.08.22

2010年08月21日 阪神甲子園球場

興南(沖縄)vs東海大相模(神奈川)

2010年夏の大会 第92回甲子園 決勝

一覧へ戻る

史上6校目春夏連覇!!沖縄県勢初優勝!!

興南、春夏連覇!! 沖縄県勢、夏の大会初優勝!!

 開門予定時刻は午前10時。
しかし、この日の甲子園は9時にはチケットが完売。チケットを求め、ファンの長蛇の列は甲子園駅近くまで伸びていた。
そして試合開始2時間前、10時以降来場の観客は自動的に外野席に。
試合開始2時間前にはすでに甲子園球場は観客で一杯になった。決勝戦を待つ観客のボルテージは高い。
選手がグランドインしただけで大きな拍手・指笛が鳴り響き、みんなが決勝戦を待ちわびている。
明らかに15日間で一番熱い雰囲気があった。
そして誰もいないグランドで決勝戦の雰囲気を確かめるように興南ナインがウォーミングアップを開始。
続いて東海大相模ナインもグランドに入り、いよいよ決勝戦が始まる。

そんな決勝戦にふさわしい環境の中、試合は、始まった。
興南東海大相模。共に先発は戦前の予想通り、島袋洋奨一二三慎太の両エース。共にここまでチームを引っ張ってきた大黒柱だ。
試合は序盤は投手戦で始まった。

試合が動いたのは4回裏。
伊礼のタイムリーヒットで興南が待望の先制点を挙げる。
更に1アウト1,3塁から打者は島袋。ここで興南ベンチはスクイズを選択。
しかし、ここは東海大相模バッテリーが上手くウエストし、チャンスは潰れたかに思いきや、捕手・大城がサードへ悪送球。2点目を献上する。
その後ツーアウトになるも、9番伊藤から怒涛の5連打。不運な打球もあったが完全に流れは興南ペースに。この回一挙7点をあげるビッグイニングを作った。

今大会、何度も見てきた興南打線の爆発力。持ち前の力を存分に発揮した。
更にこの試合は決勝戦。アルプス席はもちろんアルプス席以外からの一球一打に対する歓声がもの凄い。

昨年の決勝戦の9回の日本文理の攻撃の時と同様で、まさに決勝戦独特の甲子園の雰囲気は選手と観客が両方で作り出している。
東海大相模はその独特の雰囲気に呑まれた感があった。

その後も興南打線の勢いは止まらない。5回にも1点。6回にも我如古のHRを含む一挙5点のビッグイニングを作り、試合を決定づける。
東海大相模は7回に1点を返すも、反撃はここまで。
最後はエース・島袋が代打・宮崎大将を142キロのストレートで空振り三振に打ち取りゲームセット。
興南が史上6校目の春夏連覇。そして悲願の沖縄県勢初制覇を成し遂げた。

【マイロさん観戦】
そして、この試合、テレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川の「2010年 夏の高校野球応援ソング」を歌ったマイロさんも予選に続き球場観戦。
高校球児時代に目指していた聖地・甲子園で初めての観戦で、感慨深くグランドを見つめていました。
ゲームの方は興南が打ち勝ち、春夏連覇に沖縄県勢悲願の初優勝。
「勝利の女神が興南に微笑みましたね。でも東海大相模もここの舞台に立っている事自体が凄い。来年もまた見に来たい。高校野球を卒業して
また高校野球に関われるのは凄く嬉しい。最高の夏でした。」
と高校野球と共に過ごした2010年の夏を振り返っていました。

MIHIRO Official site

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード