試合レポート

佐賀学園(佐賀)vs旭川実(北北海道)

2010.08.09

2010年08月09日 阪神甲子園球場

佐賀学園(佐賀)vs旭川実(北北海道)

2010年夏の大会 第92回甲子園 1回戦

一覧へ戻る


(佐賀学園)

甲子園で勝つための守備

ファーストの守備力――。
この言葉で片づけたくない場面があった。

初回、佐賀学園の攻撃。
2死一、三塁で打席には5番の柴崎翔也。
一塁に走者がいるため、当然のことながらファーストは一塁ベースにつく。旭川実・持立翔太もそうしていた。
高校野球では、このケースはほとんど一塁走者がスタートする。二、三塁にして一打2点のチャンスを作りたいからだ。打者が打てそうにない場合は、一塁走者がわざと挟まれ、その間に三塁走者が本塁を狙ってスタートするというのがお決まりのパターンだ。

ところが、佐賀学園・巨瀬博監督はそのどちらも選択しなかった。
走者を動かさず、一、三塁のまま攻めることを選んだのだ。ファーストをベースに釘づけにして、一、二塁間を広げる。右方向への打球が安打になりやすい守備隊形をとらせるためだ。

打者は本来9番を打つ柴崎翔。好調さを買って5番に抜擢したが、もともとは小技や俊足が持ち味の選手。巨瀬監督はスイングをコンパクトにするため、バントの構えから打つバスターヒッティングのサインを送り、右狙いを徹底させた。幸い、旭川実バッテリーの配球はほとんどが外角球。逆方向を狙うには好都合だった。

チャンスにも気負わず、柴崎翔はしっかりと球を見極め、カウントは3ボール2ストライク。
そして、6球目。
外角へのチェンジアップに柴崎翔が食らいつく。
「外の球だったので、逆らわずに打った」という打球はファースト・持立のミット右横をかすめるようにしてライト前へ。佐賀学園に貴重な先制点が入った。

うまいファーストなら捕球できる当たり。一般的な守備力でも止めることぐらいはできただろう。だが、ここではファーストの守備力をとやかく言うつもりはない。
それよりも、問題にしたいのは準備やかけひきができなかったかという点だ。

2死、3ボール2ストライク。
一塁走者は自動的にスタートを切る。
それがわかっているから、投手の鈴木駿平も6球目を投げる前にけん制を1球入れている。
だが、結果的に“それだけ”だった。
持立は、初球から6球目まで、同じようにベースにつき、同じ位置に守った。
このケースなら、ファーストの動きはいくつか考えられる。

(1)けん制球を多めに入れ、一塁走者を出づらくしたうえでファーストがベースから離れる。
(2)ファーストがベースから離れた状態からけん制を入れておいて、再びファーストが離れる。
(3)プロ野球の外国人選手のように、自動スタート以外はまず走らないという鈍足選手なら、はじめからファーストは離れる。

佐賀学園の選手は、総じてリードが小さめ。走塁意識が高いようには見えなかった。どうせ自動スタートなのだから、(1)~(3)のようにはじめからベースを離れ、ヒットゾーンを狭める手もあった。

持立に守備位置について尋ねると、「一、三塁はベースにつきます。離れて守らなかった理由ですか? 特にないです」。これが一般的な高校生の考えだろう。決して間違いではない。

だが、2死、フルカウント、リードもほとんど取らない走者と条件がそろっていただけに……。後ろに守っていれば確実にアウトにできた打球。けん制球やファーストの動きで一塁走者とかけひきをし、カウントによって、守備位置を変える。1球1球、状況が変わるのが野球。

リスクを承知で、守備で勝負をかける――。

全国で勝つには、守りでも思い切りが必要だと感じさせられた1球だった。

(文=田尻 賢誉
(撮影img11~40=宮坂 由香


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード