試合レポート

関東一(東東京)vs遊学館(石川)

2010.08.15

2010年08月14日 阪神甲子園球場

関東一(東東京)vs遊学館(石川)

2010年夏の大会 第92回甲子園 2回戦

一覧へ戻る


関東一の守備陣

勝敗をわけた守備位置

風は、確かに吹いていた。
甲子園独特のライトからレフトへの浜風。この日は、特別強かった。
レフトへの打球は風が運び、ライトへの打球は風が押し戻す。それを考慮して、遊学館のライト・山中将誉は浅めの守備位置をとった。右打者はもちろん、左打者でも同じ。守っていたのは、定位置で芝生がややうすくなっている部分より少し手前の位置だ。甲子園では、バックホーム体制でもライトがそこまで浅く守るチームは少ない。それが、山中はほぼずっとその位置。なぜ、そんなに浅い位置に守るのか。山中はこう説明した。
「今日は浜風が特に強かったからです。旗を見て、風がやんでいるときは少し深めにしましたけど。自分は基本、浅めです。山本先生(雅弘、監督)からも『ライトゴロを狙える位置に守れ』と言われています。石川大会からずっとそうですね。肩には自信があるので」
だが、その位置に打球は来なかった。というよりも、浜風は関係なく、頭の上を越えていった。2回の山下幸輝の本塁打はライトへ、3回の宮下明大の本塁打はセンターへ、風など吹いていないかのようにスタンドへ飛び込んだ。

1回戦で3安打完封のエース・土倉将がこの日は不調。救援した金井英佑もつかまり、4回までに11失点する展開だったが、山中は最後まで守備位置を変えなかった。
「ピッチャーというより、バッターのスイングを見て決めるので。守っている人が一番わかると思います」

こちらは、大胆だった。
遊学館の右打者が打席に入ると、関東一の二遊間が動く。セカンド・山下は二塁ベースのすぐ横。ショート・伊藤慎二は三遊間寄り。一、二塁間はがらあきだ。メジャーリーグでは引っ張り専門の打者のときにセカンドやショートが二塁ベース上あたりに守ることがあるが、それに近いシフトだった。
「(米沢貴光)監督の指示もありますけど、チームで相手バッターは引っ張りが多いからと決めました」(山下)
「ビデオを見て、自分たちで話し合いました。特に右バッターは振ってくる。三遊間に強い打球が来るんじゃないかと思いました」(伊藤)
そして、これが見事にハマった。
2点を返され、なおも1死二、三塁の場面。打者は1年生からレギュラーで高校通算34本塁打の強打者・山岸裕介。山岸が思い切り引っぱたいた打球は痛烈なライナーとなって三遊間を襲った。完全にヒット性の当たり。だが、そこに伊藤がいた。伊藤はすぐさま山下に送球し、併殺を完成。二塁走者は特別に飛び出していたわけではなかったが、二塁ベース横にいた山下が素早くベースに入ることができたため、すぐに送球ができた。一見、ラッキーとアンラッキーにしか映らないが、守備位置による確かなファインプレー。関東一は、相手に傾きかけた流れを食い止めた。

なぜ、そこに守るのか。
遊学館の外野は左右へ極端に守備位置を変えることはしない。変えるとすれば、浅めか深めかだけだ。遊学館投手陣の力量、出来、関東一打線の実力からすれば、ライトが浅めに守るのは得策とはいえなかった。「バッターのスイングを見て決める。守っている人が一番わかる」のならなおさらだ。特に2番を除く上位打線なら、そこに打球が来る可能性は低い。そうでなくても、甲子園は打球が飛ぶからだ。北大津の9番・村井昇汰がバスター打法で本塁打を飛ばすなど、下位打線であっても不思議な力を出すのが甲子園。持っている力以上のものが出るのが甲子園なのだ。昨年の花巻東などは、強打者となれば外野フェンスにへばりつくほど後ろに守っていた。レフトを守っていた山田隼弥が、スタンドの観客に「なんでそんなところに守ってるんだ。もっと右、もっと前」と指示(ヤジ?)をされるほど。投手が154キロ左腕の菊池雄星でも、それだけ深く守ったのだ。
一方の関東一は、選手同士の話し合いのもと、大胆なシフトをとった。個人の判断ではなく、チームでの判断。ビデオで何度も相手打線を見て、分析した結果だから、たとえ失敗したとしても納得がいく。遊学館の初戦の相手は一関学院関東一と同じように左腕がエースのため、参考にしやすかった。

打球が来たか、来なかったは問題ではない。
それよりも、なぜそこに守るのか。どれだけ分析し、確信を持って守るのか。ここは甲子園。予選と同じようにやり、うまくいくほど、甲子園は甘くない。
「(ライナーは)あそこに来ると思ってました」(伊藤)
そう思って守ることのできた関東一が、一枚上手だった。

(文=田尻 賢誉
(撮影img01~33=宮坂 由香
(撮影img34~40=鈴木 崇


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!