Column

10年夏の地区大会を振り返る~東北地区編~

2010.08.05

第15回 10年夏の地区大会を振り返る~東北地区編~  2010年08月05日

聖光学院、福島史上初の4連覇の背景

10年夏の地区大会を振り返る~東北地区編~ | 高校野球ドットコム

得点に沸く聖光学院ベンチ

6月の春季東北大会を見ても、各県の「夏の本命」といえるチームがどこなのか、見えてこなかった。そんな「本命不在」の東北地区の、甲子園を目指した戦いは、7月9日、福島大会を皮切りにスタートした。
青森では、6連覇中の青森山田が準決勝で光星学院に敗退。その光星学院を破って12年ぶり5度目の出場を決めたのが八戸工大一だ。春季県大会でも優勝しており、東北大会では持ち味の機動力を生かしベスト4入りしていた。
 昨年、菊池雄星花巻東・現西武)がいたことから大いに注目を集めた岩手は、東北地方の「最激戦区」といわれていたが、一関学院が8年ぶり6度目の出場を決めた。秋田は能代商が25年ぶり2度目、宮城の仙台育英は2年ぶり22度目、今春のセンバツに21世紀枠で出場した山形の山形中央は夏初出場を決めた。

東北6県で唯一、甲子園の連続出場を決めたのが福島の聖光学院だ。4年連続7度目。福島では初の4連覇を達成しての代表である。毎年、毎年、チームが変わり戦力が異なる中で、今年も覇権を握ったのだった。
その背景には、常に「今のチーム」を大切にしている姿勢がある。斎藤智也監督は4連覇について問われ、こう答えている。
「終わってみれば、凄いことだなと思います。でも、歴史の中でできていること。歴代のOBたちに感謝しかにといけない。(現役の)子どもらにとっては、この代にとっての初優勝。『今年も』じゃないぞ、『今年こそ』やるぞなんだと。4連覇じゃなくて、今年の初優勝」
村島大輔主将(3年)も、
「先輩方が勝ち続けて、周りが4連覇と言っていた。東北大会優勝者という周りの目もあったけど、3年生にとっては一生に一度の夏の大会。心を動かされてはいけない。自分たちは自分たち、と思っていた」
と話した。

10年夏の地区大会を振り返る~東北地区編~ | 高校野球ドットコム

優勝を決め、スタンドに挨拶に向かうナイン達

聖光学院は磐石の戦いぶりだった。決勝以外は、すべて初回に得点をしている。こつこつ得点することもできるし、ここぞの爆発力もある。村島から始まる打線は抜け目が無い。それでいて、走ることもできる。
投げては、甲子園では背番号1を背負うことが決まった歳内宏明(2年)が全6試合に登板。初戦となった2回戦の郡山商戦での3安打、13奪三振完封が自信をもたらし、決勝でも3安打、12奪三振完封と好投。全6試合で1失点と抜群の安定感を誇った。
歳内は今大会中にあるボールが有効活用できるようになったことで、一気にその才能が開花した。スプリットだ。140キロ台前半の直球にスライダー、カーブという、高校生ではよくある投球スタイル。元々、フォークを投げていたが、握りを浅くしてスプリットに変えたところ、はまった。

高校生では滅多にお目にかかれない球種だけに、打者はクルクルと三振する。ボールが地面について、ワンバウンドしてもキャッチャーの星祐太郎(3年)が体を張ってとめた。「星がよく止めているよ。どっか怪我してもおかしくないのに」と斎藤監督。安心して投げられるキャッチャーがいてこそ、決め球として有効になっている。
もちろん、歳内一人では勝ちあがれなかった。福島大会で背番号1を背負っていた芳賀は3試合に先発し、試合を作った。3年生の遠藤昌が控えていたこともチームにとっては心強かった。大会を通して、失策は6だったが、得点に絡んだエラーは1。ミスを犯した後に広げることは無かった。

聖光学院の目標は「全国制覇」。投手力、守備力、攻撃力、チーム力……。あらゆる「力」を、全国を見据えて付けてきた。
このチームの始まりは、昨秋の東北大会で専大北上にコールド勝ち寸前から敗れたこと。斎藤監督は「(選手は)この世の終わりかのように泣いていた」と振り返る。そんな屈辱を味わっても、冬は「夏のために力をつける感覚じゃなかった。夏のことを考え切れなくて、夏のための1スイング、1球じゃなかった。1つにまとまらなかった」と村島。春季県大会は勝ち進み、当然のように優勝したが、その後に行われた準公式戦扱いの県北地区選手権で福島商に1点差で敗れた。チームに危機を感じた横山博英部長、斎藤監督は東北大会で「やりきる」ことを徹底させた。
限界って何だ? 力を出し尽くすってどんなんだ? お前たちがやっているのは、聖光学院の野球か?
なんとなく、こなさない。約2時間の1試合に全身全霊をかけて戦う。試合後、取材するのが申し訳ないくらい選手は疲れきっていたし、選手同士の「余計な」おしゃべりはなかった。1試合をやりきる。もちろん、戦い方や相手の分析もあっただろう。だが、相手を気にする前に夏本番に向けてチームとしてどう戦っていくべきか、それを明確に戦い抜いた。決勝まで全4試合、1戦、1戦を全力で戦い抜いた。1試合や2試合で終わらず、決勝まで戦えた。福島大会で優勝を決めた直後、村島は「東北大会でやりきる感覚をつかめたのが大きかった」と話した。
村島の言葉を借りれば、「3年生にとっては一生に一度の夏」。前年の結果に左右されることなく、高校野球最後の夏に向け、チームを最高の状態に作る。それを毎年、毎年のチームで繰り返す。その積み重ねが連続出場なのだろう。

2010年夏、初戦は大会6日目第二試合、相手は、広島・広陵に決まった。広陵はセンバツ4強、大会屈指の右腕・有原航平を擁する優勝候補の一角だが、それをいい意味で“気にしない”姿勢が聖光学院にはある。ここからは築き上げてきた「自分たちの野球」の真骨頂が試される。

(文=高橋昌江


[:news_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季千葉県大会】センバツベスト4の中央学院、盤石の試合運びで成田を下し、3回戦進出!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!