試合レポート

砺波工vs富山第一

2010.07.29

2010年07月28日 富山市民球場  

砺波工vs富山第一

2010年夏の大会 第92回富山大会 決勝

一覧へ戻る


砺波工

徹底した準備と執念で掴んだ初優勝

待ちに待った甲子園だった。
村井実監督が就任して13年。今年のチームにかけていた。
このチームには中山翔也がいる。俊足、変化球にもうまく対応する巧打、球際に強い守備。春からは本格的に投手としてマウンドにも登るチームの大黒柱だ。中山は兄がいた関係で砺波工を選んだが、中山が来ると聞いて他のメンバーも集まってきた。捕手の齋藤恭平は、中学時代、高岡商の鍋田浩成とバッテリーを組んでいた。富山県の公立校の教員は通常10年程度で異動になる。だが、中山らが入学するとなればチームを離れるわけにはいかない。村井監督は「彼らのいる3年間だけでも」といって、任期を延ばしてもらった。
そして、そのチームは順調に力をつける。
秋の富山県大会は準優勝。春の富山県大会は優勝。甲子園は現実味を帯びた。

なんとしてもこのチャンスを生かしたい。
村井監督は思いつく限り、すべてのことをやった。夏に悔いを残さないためだ。

メンタルトレーニングの導入、専門家主催のトレーニングキャンプ参加、強化食による体作り……。食が細い選手たちのために食事を目的にした合宿、体力強化のためのトレーニング合宿、打ち込みのための合宿など週末ごとにたびたび学校に泊まり込んでの合宿も行った。

大会前には3つのドラムがついた最新式の打撃用マシンも購入。このマシンでは、通常のマシンではできない縦の変化、斜めの変化などのボールを打つことができる。「お金もないのに衝動買いしました」と村井監督は苦笑いするが、それもこれも、昨夏、昨秋と敗れている最大のライバルである高岡商のエース・鍋田の縦スライダー対策のためだった。

7月上旬には、大会で使用される球場を借りて練習。特に、今年4月に人工芝が張りかえられた富山市民球場では、ボールの弾み方を入念にチェック。大きく弾むのを見て、三塁走者のギャンブルスタートの練習をくり返した。また、広いファールグランド対策として、カバーリングの練習も行った。

やることはすべてやった。
できる準備をし尽くして臨んでいたため、結果もついてきた。
3回戦の不二越工戦では、3点を先行される苦しい展開。だが、5回まで2安打無得点と苦戦していた相手投手が代わってくれたスキを逃さず8回に逆転した。準決勝の富山商戦では、1死二塁から二度、7番の竹部俊之にセーフティーバントを指示。ともに内野安打になり、チャンスを拡大した。
「バントはああいう弾み方をするのがわかっていたので、セーフになると思っていました」
大会前に確認した準備の成果をしっかりと示した。
疲労が蓄積される準々決勝以降は、報道陣に「3人の取材は短めでお願いします」と頼み、試合後すぐに中山、吉田将之介、齋藤のバッテリー陣に疲労回復のための点滴を受けさせた。「朝起きたときの体が違う。効果がありました」(吉田)。準決勝、決勝と2日連続で先発した中山も、体感40度の猛暑となる富山市民球場での連投に耐え抜いた。

これだけやってダメなら仕方がない。
そう思えるほどの準備をしてきたから、決勝の初回に2点を先制されても慌てなかった。
「最後に勝つのはウチのチームだと信じて我慢しました」
4年前には決勝で伏兵の富山福岡に、初回に4点を先制しながら1点差で敗れて甲子園の切符を逃した。昨年は、同じ砺波地区の南砺福野が甲子園出場。砺波地区で初めてとなる甲子園をさらわれ、しばしば「面白くない」ともらしていた。
村井監督にとって、砺波工では最後となるであろう甲子園へのチャンス。だからこそ、妥協したくなかった。
最後の打球となるフライをショートの中山が掴んだ瞬間、村井監督は大きくガッツポーズ。池端正樹部長と抱き合って喜んだ。
「負けばっかりのチームだったのに、OBもよくついてきてくれました。本当にうれしいです」
砺波市にある高校としては、初めての甲子園出場。
ほぼ自費で野球部専用のバスを購入してから13年。
村井監督の執念でつかんだ初優勝だった。

(文=田尻 賢誉


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード