試合レポート

鳴門vs川島

2010.07.27

2010年07月26日 オロナミンC球場  

鳴門vs川島

2010年夏の大会 第92回徳島大会 準決勝

一覧へ戻る


吉田忠浩(鳴門)

“雑草軍団”川島の夏が終わる

(試合経過)
鳴門は2回裏に7番・石堂忠継(3年)が主将の責任を果たす先制タイムリー2塁打を放つと、4回には相手失策と1番・津川祐規(3年)のセンターオーバー2点タイムリー3塁打、5回にも石堂のタイムリーで着々と加点。「外角はきれいに流して、内角は引っ張ってきた」と対戦相手の南優希捕手(3年)も感心するほどの徹底したコース打ちで、右ひじに違和感を抱えるエースの東谷祐希(3年)を5回で降ろすことに成功する。

さらに8回には東谷をリリーフした西岡慎矢(2年)から2死2・3塁とチャンスを広げたところで代打に立った宮崎成将(3年)が一塁手のグラブをはじく2点タイムリー。7点差をつけて川島をコールドで下し、12年ぶり7度目となる決勝の舞台で今季3度目となる小松島との頂上決戦に挑むことになった。

川島
打線は「力まずに7~8割で投げる」変化球が終始低めに安定した鳴門の最速143キロ右腕、吉田忠浩(3年)の前に2安打と反撃の糸口すらつかめず。21世紀枠で出場し、大垣日大(岐阜)相手に大健闘した選抜大会をはじめ、数々の感動を与えてきた雑草軍団の春夏甲子園出場はあと2勝のところで絶たれた。

(インサイドコラム)
「新チームが始まったときは最初18人と少なくて…」と話し始めたところで声を詰まらせた
川島
・藤畠慶祐主将、それは全国でも話題を呼んだ彼らの大躍進の始まりが決して順風満帆でなかったことを如実に表すものである。

事実、それまで内野手だった東谷祐希(3年)が立候補するまではゲームを作れる投手すらいなかった
川島
は公式戦新人ブロック大会でも初戦敗退。秋季県大会でも「校歌を1つ歌うこと」という極めて現実的な目標から始まった彼らにとって、県大会3位、四国大会1勝、そして選抜大会21世紀枠出場は、夢のような瞬間の連続であったといえるだろう。

ただ、彼らの闘いぶりを追い続けてきた筆者の眼から見ると、
川島
が誰よりも秀でていた点が1つある。それは「自分たちのハンデ、弱さを認識し、それを克服するため努力を惜しまない力」。

普段は内野しか取れないグラウンド、春季チャレンジマッチ・小松島戦での記録的大敗など、普通の高校生であれば心折れる条件が多々あった中でも彼らは何度でも這い上がってきた。それはこの夏においても変わらず、5点差を覆した脇町戦での逆転勝ち、徳島商からの初勝利などはこのチームの真骨頂たるゲームだったと断言できる。

「相手が何枚も上手だった」と北谷雄一監督も振り返ったように、最後のゲームは完敗に終わった
川島
であるが、彼らがここまで積んできた努力はそれぞれの体にしっかりと刻まれたはず。3年生はそれぞれの舞台で、そして脇町戦で素晴らしいリリーフを見せた西岡慎矢(2年)を始めとする下級生はこれからの戦いで、この1年間に学んだことをしっかり表現してほしい。そう、高校野球は終わっても彼らの人生における戦いはここから始まるのだから。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>