試合レポート

松本工業vs松商学園

2010.07.26

2010年07月25日 松本市野球場  

松本工業vs松商学園

2010年夏の大会 第92回長野大会 決勝

一覧へ戻る

優勝後に感極まる松本工業ナイン

松本工業が3度の延長戦を制し、初の甲子園へ!!

長野大会決勝戦は、全国の甲子園最多出場記録を持つ松商学園と、初の決勝戦進出を決めた松本工との対戦となった。
3回、松本工は連投で調子が上がらない
松商学園
のエース平間強(3年)をとらえ、敵失とヒットから二死一・二塁の好機をつくると、6番・佐々木康仁(3年)の二塁打で2点を先制する。しかし、この日6連投となった松本工のエース柿田裕太(3年)もまた甘い球を狙われ、その裏、
松商学園
打線に二連打を浴び1点を還されると、さらに4回にも長短打2本を打たれ同点に追いつかれる。

「5回が終わってから、腕が上がらなくなった」(柿田)

と、6回には二塁打と味方の失策から1点を失うと、7回にも一死二塁から
松商学園
のクリーンナップ、3番・草間怜(2年)、4番・池井徹(3年)、5番・武田大(2年)の三連打にエラーが絡んで、2対5と点差を広げられる。

それでも、今大会すでに二度の延長戦を制してきた松本工業に焦りにはなかった。

「8回に1点取れれば、この試合勝てる」

と中村監督からの激を受けた選手たちは8回、先頭で5番・小池翔(3年)が中前打で出塁すると、8番・倉田の内野安打で1点を還す。9回には二死ランナーなしから、3番・大熊慎也(2年)、4番・柿田、5番・小池の三連打で同点に追いつき、試合の流れを掴んだ。その裏、柿田は

「仲間たちが打ってくれたので、最後は自分が守らないといけないという気持ちで投げ抜いた」


松商学園
の4・5番打者から連続空振り三振を奪う力投をみせ、そのまま延長戦へ突入。

延長10回、松本工は9回から守備要員で出場していたチーム一俊足の9番・佐野修平(3年)が今大会初打席ながらも、「緊張は全くなかった。次につなげようと必死に打った」と中前打で出塁し、さらに二盗を決めると、1番・上原健士朗(3年)も右前打と続き1点勝ち越しに成功。
その裏、松商学園は二死一塁から、1番・岡村直樹(3年)がレフトの頭上をこえる大飛球を放ち粘りをみせたが、レフトの倉田健太(3年)がファインプレーで掴み取り試合終了。松本工が、6対5で
松商学園
を下し、春夏通じて初めての甲子園出場を決めた。

 
◆◆◆松本工業の軌跡◆◆
決勝戦で戦った松本工
松商学園
は、松本市内を流れる薄川(すすきがわ)を挟んで僅か400メートルの場所に位置する近隣の高校だ。今年の3年生の中には中学時代、同じチームだった選手も多い。その中でも、レギュラーだった選手は
松商学園
へ進み、松本工へは補欠だった選手の入部も多かった。

松本工に入学した時は、甲子園に行きたいなんて漠然としか思っていなかった」と松下慎太キャプテンは話す。31年間、松本工で指揮をとる中村定史監督は、いつも練習中に川の向こうでランニングしている
松商学園
の選手を見つけると、「そんな練習で、お前らは松商に勝てるのか」と喝を入れてきたという。次第に「私立には負けたくない」という強い思いが部員たちの中に芽生えていった。今年の3年生部員は、エース柿田を中心に力をつけていき、昨夏の長野大会では2年生8人がレギュラーで出場。今春の県大会でも、私立勢相手に奮闘し見事8強入り。この結果が、大きな自信となった。

夏の大会では1試合ごとに成長をみせた。初戦の伊那北戦で延長11回の末、3対2で勝利すると、続く3回戦(対東京都市大塩尻)を2対0、4回戦(対野沢北)も3対1とロースコアでの勝ち上がりをみせる。昨夏の覇者・長野日大との準々決勝では、延長12回を戦い、5対4でサヨナラ勝ち。さらに、苦しい試合は続いた。準決勝の上田千曲戦は1対1の同点で迎えた8回に、失策や四球などから一死満塁の好機をつくるとカウント2-2から小池のスクイズで1点を勝ち越し。その後2点を追加した松本工は、9回にもダメ押しの1点を奪い、5対2で接戦をものにした。過去3度(83年、95年、02年)準決勝で敗れた経験を持つ松本工が、ついにその壁を突破した。

そして、迎えた決勝戦。「今日は決勝戦という意識は全くなかった。1試合を勝とうと、全員が目の前の試合に集中することができた」と松下キャプテンの言葉通り、彼らの頭の中を“甲子園”の文字が最後までよぎることはなかった。優勝を決めたあとも、2年生の大熊捕手は「夢を見てるみたい。まだ信じられない」と話し、6試合60㌄を1人で投げ抜いた柿田投手も「本当に勝ったのか実感が湧かない」とコメント。
入学当初は、遠い存在だった甲子園。だが、甲子園出場が決まった瞬間、松本工の選手たちはみんなが泣いていた。笑顔ではなく、涙だった。最後まで諦めることなく、互いを信じて戦い続けた松工ナイン。憧れの甲子園の舞台では、どんなプレーをみせてくれるのだろうか。

(文=安田 未由
(撮影=宮坂 由香)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?