試合レポート

横須賀vs明和

2010.07.26

2010年07月25日 刈谷球場

横須賀vs明和

2010年夏の大会 第92回愛知県大会 5回戦

一覧へ戻る

桑原(横須賀)

激戦区愛知でベスト16まで上り詰めた進学校対決、横須賀に軍配

ともに愛知県内では指折りの公立進学校が、ベスト8の座をかけた5回戦で顔を合わせた。
「進学校」という学校の特徴や、部の環境面などで似通った両チームの戦いは、死闘と呼ぶに相応しい激戦となった。

明和は、県で1、2を争う難関校。毎年、東大・京大に計30人程度を送り、地元の名古屋大にも毎年約50人の生徒が合格を果たす。某自動車メーカーの創業者をはじめ、地元財界に明和OBは多い。野球部のここ数年を振り返ると、06年~08年の夏の大会は初戦敗退だったが、昨夏は2つ勝ち星を挙げている。

一方の

横須賀

も、国公立大学に毎年約200人が合格する進学校。野球部は2年前、福谷浩司という素晴らしい選手が出現して話題になった。最速145キロ・高校通算20弾の大型選手でプロからも注目され、現在は慶応大(2年)で既に主力として活躍している。

野球に学業の「偏差値」は関係ないかもしれない。けれども、上達のコツを頭と体で理解する「学習」の習慣や、工夫をする能力は、進学校の選手に多く見られる特長なのではないか。そんなことを時々思う。「(野球での)細かいプレーや集中力の点では、勉強もできる生徒のほうが優れている傾向にある気がする」とは、知り合いの高校教諭の談である。

さてこの試合であるが、両校のクレバーなイメージとは反対に、ほとんどの選手がユニフォームを泥だらけにし、気迫と気迫がぶつかり合う熱戦になった。
明和が試合前半で6-3とリードするが、9回表に

横須賀

が3連打などで4点を挙げ土壇場で逆転する。しかし明和も譲らず、その裏に執念の内野安打で同点に追いつき、延長戦にもつれ込んだ。延長10~12回は、両者ランナーを出すも、投手が踏ん張って「あと一本」が出ない。灼熱のグラウンドでまさに「マラソン」状態だ。それでも延長13回表、敵失などを足掛かりに

横須賀

が平林和也、温品哲洋の連続タイムリーで4点を挙げ、粘る明和を振り切った。

横須賀

は、劣勢の4回裏途中から2年生エース・桑原啓太郎をマウンドへ投入。この桑原がよく投げた。「きつかったです。それでも、味方が打ってくれると信じて投げました」と本人が語るように、走者を出しながらも踏ん張り、味方の9回表の反撃を呼び込んだ。その直後の9回裏に、打ちとったはずの打球が内野安打となって同点を許すが、「延長戦になってもオーケーだ、と味方から声をかけられていたので」と意に介さない。延長戦はやはり「きつかった」と繰り返したものの、最速140キロのストレートとスライダーで凌いだ。ハートの強い好投手である。

「ベスト8は一つの目標だったが、本当にここまでこれるとは思っていなかった。

春日丘

戦(4回戦)に勝って、『いける』という思いになった。先輩・後輩間の仲の良さと、チームワークが最大の売りです」と桑原が誇るとおり、試合後のベンチ裏での

横須賀

ナインの喜びようは、それはもう凄かった。学年関係なく歓喜の声を挙げて抱き合い(顧問の先生ともガッシリ抱擁する選手多数)、とびきりの笑顔があふれた。

敗れた明和は、序盤で杉山彰麻が2打席連続タイムリーを放ち、鞍馬宏紀、鬼頭昌康が打たせて取るピッチングで試合を優位に進めた。9回表に逆転されたが、その直後の9回裏に執念の同点。延長戦では、渡辺寛暉らがダブルスチールを仕掛け成功させるなど、勝っていてもおかしくはない内容だった。
それだけに、試合後は悔し泣きする選手も。
球場を出てすぐのゲートで、父兄や同級生らの出迎えを受けた選手たちは、整列してあいさつに臨んだが、「胸を張れ」「笑え」と言われても、涙がこぼれてくる。だがキャプテンの伊藤圭祐は、部を代表して立派にあいさつを言い切った。「今まで野球部で自分たちを追い込んできたが、過労で倒れたり、何のために野球をやっているか分からないときもあった。それでも、ここ(ベスト16)までくることができて、このメンバーでやれた高校野球は僕の宝物です」。温かい拍手が鳴り止まなかった。

横須賀

明和ともに、失礼ながら「強豪校」というわけではないから、守備ではしばしばボールがこぼれ、エラーも少なくはなかった。それでも、決して緩慢なプレーによるエラーではない。この暑さの中で、集中力を切らさず、選手たちは全力でボールを追いかけた。

(文=尾関 雄一朗


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!