試合レポート

川越東vs春日部共栄

2010.07.25

2010年07月24日 県営大宮公園球場

川越東vs春日部共栄

2010年夏の大会 第92回埼玉大会 準々決勝

一覧へ戻る

勝利を喜ぶ川越東ナイン

背番号「1」のガチンコ勝負

 「全員野球」という使い古された言葉がある。だが、この試合には必ずしもその言葉があてはまらなかった。あくまで野球はピッチャー、それを改めて思い知らされたそんな試合だった。

 春日部共栄

は、高梨・猪岡両左腕擁する川越東相手ということで1番打者に今大会のラッキーボーイ左の今津ではなく右の平塚を起用する。さらに3番・秋元、9番・鹿ノ戸も共に右打者で今大会初先発である。
調子の良い選手を使っていつも通り戦えば左対左でも普通に打てる。そういう意図を感じるいつも通りのスタメンであれば脅威を感じる。だが、そうではなかった。
要は選手層が厚いということであろうが、この起用をみて川越東・高梨に対する相手のリスペクトを感じた。
それと同時にこのスタメンを見て相手は強豪

春日部共栄

だが代わりに入った選手をきっちりと抑えれば川越東にも勝機はある。

 試合は序盤から川越東・高梨、

春日部共栄

・鎌田両エース同士の好投で投手戦の様相をみせる。

2巡目に入っても鎌田攻略の糸口が見出せない川越東に対し、

春日部共栄

は散発ではあるがヒットも飛び出し3~7回まで毎回ランナーを出すが、そこから高梨が踏ん張り得点を与えず両チーム0行進が続く。
特に高梨は前述の右打者3人に対し14打数2安打、特に1番平塚を一度も出塁させず完璧に封じ込めたことが大きい。

 三振を取るタイプの高梨が5回で84球に対し、鎌田は打たせて取る投球で5回をわずか55球。特に鎌田は相手を5回までノーヒットに抑えている。川越東打線のノーヒットはあくまで結果であり、やむをえない部分もある。
だが、もう少しバントで揺さぶる、ファールで粘るという工夫が欲しかった。というのも鎌田は後半コントロールが甘くなり捕まることの多い投手だからだ。それは

大宮東

戦しかり、

南稜

戦しかりだ。

 案の定6回から徐々にボールが先行し始める鎌田。それに対し川越東もカウントを取りにいった甘い球を山田が逃さず打ち、チーム初ヒットが生まれる。その後も猿田の左中間への2ベースなど遅ればせながらヒットが飛び出すようになる。四球も増え球数が増える鎌田だったが、要所を抑えられ得点を奪えない。

 その後も両投手ピンチを迎えるが無失点に抑え0-0のまま試合は延長戦へ進む。

 迎えた10回裏、この試合川越東にとって初めてのビックチャンスが生まれる。まずは、先頭の新井がレフト前ヒットを打ち盗塁を決める。山田が四球を選び無死1,2塁で打者は9番の土肥を迎える。
だが、

春日部共栄

は慌てない。この場面、

大宮東

戦でも成功したファーストが猛然とチャージをかけ、ピッチャーはアウトコースへ投げるというシフトを見せる。土肥はなかなかバントを決められず追い込まれ、ベンチはバントエンドランのサインを出す。だが、土肥のバントはフライになり結果は最悪の併殺となる。その後の打者も凡退し絶好のサヨナラのチャンスを逃した川越東から流れは一気に

春日部共栄

に傾く。

 11回表、1死後、2番薮内の当たりはファーストゴロだったが高梨のベースカバーが遅れ内野安打となる。さらに3番バントの構えの秋元が死球、4番池内のライト前ヒットで1死満塁とし、ここで6回に2塁打を打った5番大久保を迎える。
初球は大きく外れ、高梨も限界かと思われたが、ここから高梨が開き直る。真っ直ぐを続け追い込むと最後は変化球で三振を奪う。次の打者もセンターフライに討ち取り川越東は絶体絶命のピンチをしのぐ。

 その後も鎌田・高梨両投手が踏ん張り、このまま再試合かと思われた14回裏、勝負は急展開を迎える。大きく
スイングした際に顔を歪め足腰をかばう先頭打者の高梨。それでも残り少ない力を振り絞り最後のスイングにすべてをかける。
打球はライト前に落ちたがその代償は大きかった。1塁ベースをオーバーランする際に足を引きずる。ベンチは臨時代走を送り3塁ベンチ脇で猪岡がキャッチボールを始める。もう高梨は投げられないようだ。エースで4番を失いたちまち追い込まれた川越東
この回に点を奪わないと分が悪くなる。これで尻に火がついたか2死1,2塁で女房役の山田が値千金のレフト前サヨナラタイムリーヒットを放ち長い長い勝負に終止符を打った。

 この日の両投手を評す言葉として「全身全霊」そんな言葉がよく似合う。高梨が192球、鎌田が197球、共に死力を尽くし200球近く投げ合った両エース同士のガチンコ勝負は最後高梨に軍配が上がった。
だが、まさに意地と意地のぶつかり合い、この魂の投手戦は見るものすべての心に刻まれたはずだ。

 奇しくも次の相手は豪腕橋本擁する

花咲徳栄

だ。
「打倒徳栄」この言葉を合言葉にここまで勝ち進んできた、手負いの高梨擁する川越東だが、今春コールド負けを喫した宿敵相手に借りを返すができるか?

(文=南 英博


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?