試合レポート

北宇和vs南宇和

2010.07.24

2010年07月23日 西条ひうち球場

北宇和vs南宇和

2010年夏の大会 第92回愛媛大会 3回戦

一覧へ戻る


河野凌投手(北宇和)

北宇和、後半集中打で27年ぶり夏ベスト8!

最速143キロ、愛媛県内屈指のスピードボールを持つ右腕・上田晃平(3年)を擁し、30年ぶりの愛媛代表を目指す南宇和
この試合でもその滑り出しは順調であった。先制点こそ許したものの、2回裏に7番・若本祐一の内野ゴロですぐに同点に追いつくと、4回には1死2塁から6番上田のショートゴロがエラーを誘い勝ち越し。上田も6回まで94球とやや投球数こそ多いものの、最速139キロを計測した直球を主体に5奪三振をマークするなど、中盤までは順調な投球を見せていた。

しかし、吉田茂雄監督率いる北宇和はそれでも全く慌てたそぶりを見せることはなかった。
なぜなら、南宇和とは同じ宇和島地区の近隣地に位置し「練習試合もやっていてよく知っていた」(森藤太陽主将)北宇和にとって、この展開は十分織り込みだったからである。

そして「始めから継投することは決めていた」(吉田監督)山口真(2年)の先発、5回から河野凌(3年)の投手リレーで最少得点差に抑えていた北宇和の努力は、終盤一気に実を結ぶ。7回表「力んでしまった」上田の制球難から3四球で1死満塁のチャンスをつかむと「1打席目から真っすぐを全部狙っていた」9番・河添雅彦がセンターにはじき返して2者を迎え入れ再逆転。雅彦の兄、1番・河添翔(3年)も連続タイムリーで続き、続く8回にも1点、9回には河添翔のこの日4打数4安打となるタイムリーなどで2点を加えて試合を決めた。

北宇和のベスト8は昭和58年(1983年)の第65回大会以来、実に27年ぶり8回目の快挙。準々決勝の相手は強敵の済美であるが、この日成し遂げた快心の勝利で「今年は打撃力があって投手もそろっていたので、ある程度やれると思っていたが、この試合で頂点を狙うことが意識できるようになってきた」吉田監督と選手たちの夢はふくらむばかりだ。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード