試合レポート

仙台育英vs東北学院

2010.07.24

2010年07月23日 クリネックススタジアム宮城  

仙台育英vs東北学院

2010年夏の大会 第92回宮城大会 準々決勝

一覧へ戻る


木村(仙台育英)

1点以上の差

仙台育英

これは勝てないな。
たった1点の差。
だが、そう思わずにはいられなかった。

東北学院

仙台育英には勝てないと思った大きな理由は2つある。
ひとつめは、完全に見下ろされていること。
試合前、4回戦の

白石

戦で5安打11奪三振完封の仙台育英木村謙吾と顔を合わせた。リラックスした表情で向こうから「こんにちは」と声をかけてくれたが、「調子いいみたいだね」と言うと、「県内相手ですから。当然です」と当たり前といった表情だった。
その木村の表情は試合中も変わらない。前回の1点に続き、この日も打線の援護は2点だけ。しかも味方の失策が絡んでの失点だったが、マウンドでは終始笑顔。余裕しゃくしゃくだった。

試合後、「見下ろして投げている?」と訊くと、「はい。ダメですか?」。「絶対負けることはないと思っている?」と訊くと「はい、ダメですか?」。相手をなめるのではなく、いい意味で打たれるはずがないと思っている。だから、どんどんストライクを投げるし、ボール球が先行しても慌てない。
マウンドでの姿からは、「オレは仙台育英で1年から甲子園で投げている木村だ。お前らとは格が違うんだ」といった貫禄すら感じさせた。この日も、3安打12奪三振。つけ入るスキを与えなかった。

ふたつめは、少なくとも目に見える限りでは、仙台育英を上回る点がないこと。
伝統、実績などから仙台育英には好素材が集まる。人気や知名度も考えると、これから先、

東北学院

が素材で仙台育英を上回ることは難しい。だが、素材で下回っているチームでも上回れる部分を

東北学院

はやっていなかった。全力疾走しかり、カバーリングしかり。

仙台育英は決してその部分に力を入れているチームではない。この試合でも、木村がセカンドゴロで一塁まで6秒29というタイムを計測している。

東北学院

には、そこまで遅い選手はいなかったが、普通。仙台育英を上回っていると思わせるような走りではなかった。カバーリングも同様。仙台育英は一塁けん制の際に、セカンドが動かないが、

東北学院

も同じ。送りバントのケースでのライトの一塁後方へのカバーなど、ほぼ行っていないような状況だった。素材、選手層などで下回っているチームが、格上のチームに同じことをやっていては勝てるはずがない。もし勝てるとしたら、エースが最高の投球をするか、相手の投手が大乱調のときぐらいだろう。そんな試合は、ほとんど期待できない。

第3試合に登場した

東北

は復帰した五十嵐征彦監督が

花巻東

に勉強に行くなど、カバーリングの意識が出てきた。
まだ本家には及ばないが、以前の

東北

と比べれば、かなり徹底している。格上のチームでもそういう部分に目を向けている以上、格下のチームは、より徹底しなければいけない。
この日は、

泉館山

仙台一

気仙沼向洋

の3チームで内野ゴロで一塁ベースまで走らない“不走”が見られた。35度を超える猛暑、人工芝のクリネックススタジアムだけに仕方がない部分もある。
だが、弱者だからこそ、そういう部分をしっかりやってほしい。負けたチームの監督のコメントは、一様に「投手力が……」「打力が足りませんでしたね」「あと一本が出なかった」というものばかり。投げる力、打つ力に差があるのは当たり前。もちろん、それがあるにこしたことはないが、そこの差ばかりを求めてもしかたがない。
「誰でもできることをパーフェクトにやる」。
格下チームの意識がそう変わらない限り、仙台育英

東北

の2強時代が終わることはない。

(文=田尻 賢誉


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード