試合レポート

修徳vs都立紅葉川

2010.07.23

2010年07月23日 明治神宮球場 

修徳vs都立紅葉川

2010年夏の大会 第92回東東京大会 準々決勝

一覧へ戻る

(都立紅葉川ナイン)

大健闘の紅葉川、さまざまな思いを残して8強で散る

 ここまで、まさかの快進撃を続けてきた伏兵の都立紅葉川。投手戦の1-0あり、2ケタ得点の打撃戦ありでさまざまなスタイルの試合をこなしながらその都度自分たちも力をつけてきた。この春、

都立調布南

から異動してきた田河清司監督が率いて3カ月半、選手にも監督にも戸惑いや遠慮のある中から始まったが、田河監督は前任の才野秀樹監督(現・修桜館)が作り上げたベースの守りの野球に打力アップを目指して選手たちの自主的な朝練習などにつきあいながらチーム力を強化してきた。

田河監督は

都立武蔵丘

から

都立日比谷

調布南と異動しながら、赴任先ではそれぞれで持ち前の明るさでもある“のせ力”を発揮して、選手たちをその気にさせながら好チームを作り上げることで定評のある人だ。都立紅葉川でも、「お前たちは幸せだぞ。二人の監督からそれぞれの野球を勉強させて貰っているんだ。そんなチームはお前たちだけなんだから」と言いながら、選手たちをその気にさせてきた成果ともいえる。

そんなチームをスタンドでは才野前監督が感慨深そうに観戦していた。「本当に、ここまでよく来てくれたと思います。ご存知のようにグラウンドも狭い、あの環境の中でよく頑張って来てくれました」と、東京大会では準々決勝になって初めて選手名が電光掲示板に記されるのだが、教え子の名前が出ている都立紅葉川のボードを熱いまなざしで見つめていた。

中学校の講師をしながら、高校野球の指導がしたくて何度も高校の採用試験にチャレンジし続けてきた苦労人だが、ようやく採用となって最初の赴任校が都立紅葉川だった。当時はほとんど甲子園を目指す姿勢すら感じられなかった弱小野球部を、それこそユニホームの着方から荷物の置き方や球場での次試合の待ち方、球場への入り方など基本以前のことを教えながら、トイレには心得を貼り出したり、一つひとつを自分が経験してきた

拓大紅陵

での経験を踏まえて、まず、やれることからやっていこうという姿勢で野球部らしく教え育ててきたチームだ。思い半ばでの異動に未練もあっただろうが、結果的にはこの都立紅葉川は二人の監督のいいエッセンスを組み取って今回のベスト8という結果を得たといってもいいであろう。

 第一シードの

修徳

に力及ばず、7回コールドゲームという形で終わってしまった試合後、田河監督は、「ちょっとスミマセン」とことわって、洗面所で汗と一緒に涙も洗い流しながら顔を洗った。そして、「うーん、やっぱり悔しいなぁ。スクイズで取った先制点は、あの子(六番野中)は一番バントが上手い子なので、やれると思いました。1点先制できたことはよかったのですが、その裏、相手のエンドランを決められたことが、その後の展開を変えました…。結果的には打たれてしまったのですが、あそこはもっときちんと外す指示を出しておくべきでした」と、先制した直後の2回にひっくり返されたイニングを悔やんだ。

 それでも、菊入、三ツ俣、鳥海と続く強力な修徳のクリーンアップに対して、臆することなく堂々と投げていった野澤投手も立派だった。そして、50歳を越してなお、悔し涙を流せるエネルギーのある田河監督も少しうらやましく思ってしまった。

 修徳

はこれで、準優勝した07年以来のベスト4進出である。鳥山泰孝監督にとっては、その年は赴任してすぐに前任監督が作り上げたものが、学校の事情で監督不在となってしまったチームを任されたものだった。その後の低迷もあって、名門

修徳

としても苦しい時期もあったが、今年の3年生たちは鳥山監督とともに歩んできた選手たちでもある。鳥山監督としても手塩にかけてきたという思いは強い。
 はからずも、両校監督たちのさまざまな思いが交錯した試合でもあった。そんな監督たちの熱い思いを見つめていくのもまた、高校野球の楽しみでもあるといっていい。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード