試合レポート

慶応義塾vs川和

2010.07.23

2010年07月22日 相模原球場

慶応義塾vs川和

2010年夏の大会 第92回神奈川大会 4回戦

一覧へ戻る

慶応義塾、3試合連続無失点!

慶応義塾のエース左腕・三宮舜投手(2年)が、5安打12奪三振の好投を見せた。

1回、2回と味方のエラーで走者を背負ったが、緩急を上手に使いながら切り抜けた。8回の1死一、二塁の場面では、空振り三振、センターフライに。このときガッツポーズも飛び出した。

「連投がきかず、体力不足なところがあったが、体も大きくなってタフなピッチャーになった」(慶応義塾:上田誠監督)。

打順の上がった3番・藤本知輝外野手(3年)が、3安打4出塁。3回には併殺打の後のいやな流れの中で、タイムリー三塁打を放った。6番にスタメン起用された原田直道外野手(2年)も、俊足と小技を武器に存在感を残している。
また、2試合で8打数6安打の1番・佐藤旭外野手(3年)が、今日も4打数2安打と気を吐いた。「自分では調子がいいという感じがしない。逆方向を意識しているのが、結果につながっていると思う」と、冷静に振り返っていた。

川和は、試合前半にあった2度の送りバント失敗が響いた。特に初回1死三塁のチャンスを生かしたかったところ。尻上がりに調子を上げる三宮の前に、4回以降は2安打しか打てなかった。それでも、試合前ノックから観客を釘付けにし、試合後も大声援の三塁側スタンドから惜しみない拍手が送られた。右サイドスローの武藤勇弥投手(3年)は、ストレート、スライダーともにキレが鋭く、今後も野球を続けてほしい選手だ。

(文=矢島 彩


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード