試合レポート

日大三vs堀越

2010.07.23

2010年07月22日 明治神宮第二球場 

日大三vs堀越

2010年夏の大会 第92回西東京大会 準々決勝

一覧へ戻る

吉永(日大三)

「日大三高、準々決勝も危なげなく突破!
4人目の先発、吉永(2年)が、9回・119球・2失点の完投。8-2で快勝!)」

西東京大会も準々決勝を迎え、舞台を神宮二に移した22日(木)、日大三堀越の対戦。
これまで4試合を戦った日大三。今日の先発は初戦で5回から好リリーフした吉永。
注目の立ち上がり、2番中野の投手強襲内野安打で走者を出したが、3番村田を投手ゴロに抑え、
1-6-3のダッブルプレーで凌いだ。

2回ヒットと送りバントで1死二塁も後続を三振、センターフライに抑え、3回も3者凡退とリズムに乗った。
打線も、1回、2番根岸が死球の後すかさず二塁盗塁、捕手の高投で三塁へ。3番吉澤の打球は強烈なショートゴロ。
一塁に刺す間に三塁走者ガホームイン。1点先行。

2回、山崎のセンター前ヒットを荻原が手堅く送り二塁。畔上もセンター前と続き、一・三塁。動揺した堀越先発の
時本は8番吉永に死球を与え一死満塁。ここで9番鈴木、1-3から四球を選び押出し。1点。
更にチャンスは続いたが、平岩ショートフライ、根岸一塁ゴロでこの回1点止まり。

3回、吉澤が左中間の二塁打で無死二塁。横尾の二塁ゴロで三塁へ進んだが、山崎が二塁ゴロでチャンスを潰したかに見えたが、
荻原が2-1と追い込まれた4球目をレフトへツーラン。2点を加え、試合の流れを戻した。
4-0とリードされた4回堀越の反撃。2番の四球から1死後、4番増子にセンター前に運ばれ、一・三塁。
このチャンスに、5番国分が右中間にタイムリー二塁打。1点を返し走者三塁。渡部のセンターへの当たりが犠牲フライとなり、
この回2点を返し反撃。

ここで成長した先発吉永が流れを断ち切る力投で5回、6回を3者凡退に押さえた。
6回の日大三。吉永の四球を鈴木が送った1死二塁から、平岩がセンターへタイムリー。
吉永が返り5点目。試合を決める1打となった。
9回にも、横尾、山崎の連打に四球、犠打、更に四球の満塁に鈴木の三塁線の当たりを三塁手がエラー。3点を追加し8-2。
堀越打線も7回に連打で一・二塁のチャンスを作るが、吉永の力投の前に後続が抑え込まれた。

これまで、4試合を戦い、2-0、10-0、10-0、8-2。得点30、失点2。エラー無しと
強打の日大三を支える投手陣、守備陣の安定感を考えると万全の体制が整ったと見える。
いよいよ本命にエンジンがかかってきた。

日大三・小倉監督】
吉永の成長が大きな力になった。これで投手陣に目処が立ち、選抜のように山崎一人では無くなった。
ボールに力が付き、変化球も落差があり安定していた。今日は、吉永を信頼して送り込んだ。
8点を取ったが、欲を言えば1番、4番が打てば9回まで(吉永を)投げさせずに済んだが・・。
ただ、3回、無死二塁から中軸が凡退し嫌な流れを予感した中、荻原の2ランは大きかった。
4試合目で初失点だが、投手陣も複数が期待出来るようになったので気にはならない。

【吉永】
春の国士館戦以来2回目の先発にも緊張は無かった。冬に筋トレや走り込みで体全体を強化した結果、
球の威力が増し、制球も良くなった。具体的には、フォームを安定させ、リリースポイントが一定に
なってきたと思う。春から自信が出てきたが、今日は、30点の出来。球の威力と制球が乱れたのが課題。
もう一度確認してみる。

【山崎】
次(24日。日大鶴ヶ丘)の対策は、相手は集中打があるので、1本で止めたい、打たれたら、
間を取るなど工夫をして連打を防ぎたい。打たせないのが一番だが。
投球パターンは、相手の出方を見ながら考えて投げる。足の調子も問題ない

(文=滝島 利夫

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>