試合レポート

京都外大西vs大谷

2010.07.21

2010年07月21日 わかさスタジアム京都  

京都外大西vs大谷

2010年夏の大会 第92回京都大会 2回戦

一覧へ戻る


久須美(京都外大西)

崩れなかった京都外大西の守備力

 すごい試合を見てしまった。
いや、すごい守備を見てしまったと言ったほうがいいかもしれない。

延長13回に及ぶ京都外大西

大谷

の大激戦。京都外大西の鉄壁の守備に、何度鳥肌が立ったか分からない。

試合は、「けたぐってやろう」という姿勢の見える

大谷

が終始、押している展開だった。
先発に背番号「9」の岡崎を立てる奇策に出るあたりからも、

大谷

の「想い」は感じられた。京都外大西・上羽監督は「受けるつもりではないのに、相手が初先発だということで、気持ちが受けていたのかもしれません」と、吐露している。

しかし、観戦者としては、この試合、京都外大西が負けるような予感はあまりしなかった。それは5回に2失点してもそうだったし、7回裏に勝ち越しを許してもそうだった。なぜなら、この両チームの間に、目指していく方向性に大きな違いが見えたからだ。

とにかく、京都外大西は試合に取り組む姿勢が抜群だった。全力疾走とカバーリングを怠らないのだ。
たとえば、打者が外野にフライをあげれば、ほとんどの選手がアウトであっても、セカンドベースまで到達する。このうだるような暑さの中でも、中村や松岡は投手でありながら、その走塁を怠らなかった。「フライは落とした場合、三塁までいけるという意識をみんな持っている」と上羽監督は言う。

カバーリングについても、まったく同じで、けん制球であれば同時に全選手が動くし、投手ゴロであっても、二塁手の荻野や前田(途中から守備位置変更)は、ピッチャーがゴロをさばいたのを確認すると、一塁方向へと猛ダッシュするのである。「それを怠って負けたことがあるんですが、ウチでは、カバーリングは普通のこと。もし、9回にへばってカバーリングができなくなるなら、練習はランニングしかしません。技術練習はやってもものになるか分かりませんけど、カバーリングや全力疾走は誰でもできるんで、体力をつければいいわけですから」とは小金コーチである。

京都外大西のそうした姿勢に対し、

大谷

は戦略では優勝候補を倒してやろうというのは見えても、細かな部分で見ると勝利にこだわっていたのは、京都外大西に思えたのだ。
だから、彼らが負けることは想像できなかった。「相手の野球と比べて、なんか分からないんですけど、負ける気がしなかったんですよね。違いですか? 絶対勝つという気迫ですね」と、主将の久須美は話している。

大谷

が常に先行した展開だっただけに、京都外大西としては苦しい展開だったのは事実だが、9回に同点に追いついたあたりから、京都外大西の守備に光るプレーが目立つようになり、その差が如実に表れてきた。

 9回裏、大谷は先頭の近澤が四球で出塁するが、2番・中岡が送りバントを敢行すると、これを京都外大西の三塁手・柴田が猛然と突っ込み二塁へ送球、併殺を成立させた。10回裏には、2死から6番・島田が二塁打で出塁、ワイルドピッチで三塁へ進み、大きな好機をつかむ。ここで、古賀は遊撃へのボテボテのゴロ。内野安打を想像した当たりだったが、京都外大西の遊撃手・井上は、バウンドが変化したにもかかわらずそれをグラブにおさめ、一塁へ送球、窮地を救ったのだ。

12回裏には、

大谷

の先頭打者・中岡が右中間に快音を響かせ、三塁打コースかと思ったが、これを二塁で止めた。そして、続く岡崎がバントを試みると、これを投手の松岡が三塁で刺した。打者走者が残り、

大谷

ベンチはさらにエンドランをしかけたが、これを京都外大西の捕手・久須美がウェスト。盗塁を阻止したのである。

京都外大西の守備が光りまくり、

大谷

の前に立ちはだかっていた。

13回表、京都外大西は1死から久須美がライト戦へ快音を放つと、一気に三塁を陥れた。打球のコースとしては二塁打と思われたが、積極的な走塁が相手の連携を狂わせたのである。続く、9番・石山の打席はカウント0-3だったが、4球目に上羽監督はスクイズを指示。これを、きっちり決めて、京都外大西が1点を勝ち越し、試合をものにしたのである。

カバーリングと守備力はつながっているものと思っていない人もいることだろう。守備が上手ければ、スローイングのミスも少ないだろうから、行く必要がないと思われがちだが、むしろ逆である。カバーリングの意識があるから、守備が上手くなるのだ。
10回裏に好守備を見せた井上は「100回に一回あるかもしれないエラーのために、カバーリングは怠ってはいけない。そう言われています。練習試合からずっとやってきましたし、夏だから(体力が消耗するから)カバーリングをやらないとか、そういうことは絶対にない」と胸を張った。

大谷

京都外大西の勢力関係では、確かに京都外大西が上である。伝統校かつ強豪校であるし、選手が集まりやすいというはある。グラウンドも整っている。しかし、そこに溺れず、誰でもできる全力疾走とカバーリングを忠実にこなすところに、彼らの強さはある。決して、力勝負ではなかったのだ。

取り組みの差が明らかだった。あまり書きたくないが、延長の場面で、

大谷

はカバーリングをサボっていた。あと1点で勝負が決まるという中、10回表、2死からのセカンドゴロ、13回表、1点ビハインドからの同じくセカンドゴロで、捕手・末国はホームベースに立ちつくしたままだった。これは彼自身の問題ではない。チームとしての取り組みの違いなのである。

だから、どれだけ劣勢になっても、京都外大西が負ける気がしなかったのだ。

(文=氏原 英明


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>