試合レポート

東海大相模vs武相

2010.07.29

2010年07月28日 横浜スタジアム

東海大相模vs武相

2010年夏の大会 第92回神奈川大会 準決勝

一覧へ戻る

北見(武相)

同級生監督同士、現役時代以来の対決は再び東海大相模

 母校の監督というのは、高校野球の指導者としてはやはり一つの目標でもあり夢でもあろうが、それが甲子園実績のある強豪校であれば、やり甲斐もあるだろうし背負う責任も重い。東海大相模・門馬敬治監督、武相・桑元孝雄監督はそんな立場だ。しかも、二人は同級生で両校の夏の大会での対戦は彼らが現役時代の1987年以来という奇妙な因縁だ。

 ちなみに、その時は三番セカンド門馬の東海大相模が、四番サード桑元の
武相
を11―4で下している。

 門馬監督は98年秋に就任し、今年で12年目となるが、その間春の甲子園には4度出場し、2000年には全国制覇も果たしている。そういう意味では母校の伝統に箔も付けているともいえる。これに対して桑元監督は、近年やや低迷する武相の切り札として昨年春に就任して、今春はベスト16に導きシード権を獲得。そして、この夏は春に4回戦で敗退した相手の光明相模原を下すなどして14年ぶりの4強にたどり着いた。準々決勝ではそのことを素直に喜んでいた。それだけ、母校への思いも強いのだろう。

 そんな二人の思いにも注目した試合だったが、内容的にはお互いに失策絡みのビッグイニングがあり、やや大味な印象を残したことは否めなかった。結果的には、昨秋の関東大会を制し、今春のセンバツにも出場して戦力的には1枚上回ると思われた東海大相模が、いくらか力ずくという感じで抑え込んだ形になった。

それでも、それぞれに見どころはあった。ことに、そのまま行けば7回でコールドゲームになってしまうだろうという局面で迎えた
武相
の6回、積極的に初球を叩いて、ここまで踏ん張ってきた東海大相模の江川投手を攻略。
武相
打線の気迫が、相手内野陣の失策を誘発したともいえる見事なものだった。特に、1死満塁で5点目となった犠飛を打ち上げた代打嵯峨君の打球はあわや同点のグランドスラムという当たりだった。上空で舞っていた強い風に戻されたのが不運だった。

7回からリリーフした、注目のエース一二三(ひふみ)に対しても7回、8回と先頭打者を出すなどして食い下がった。
こうした武相の諦めない姿勢に勝った門馬監督も、「ウチの方が単調で、相手の集中力と積極性は学ばせて貰いました。これをプラスアルファとして、明日の決勝を戦いたいと思います」と、脱帽した。東海大相模も夏の甲子園には、1977年以来遠ざかっている。
武相
の思いも背負って決勝戦に挑む気持ちだ。

敗れた桑元監督は、「選手たちはよく食らいついていってくれました。泣いている選手はどこかに悔いがあったのかもしれません。だけど、3年生たちが1、2年生に、『この悔しさを忘れるな』と声をかけているのを見て、次へつながっていかれるという感触を得ました」と、この日詰め掛けた多くのOBや関係者たちが願っている“強い
武相
”の復活に確かな手ごたえは感じているようだ。伝統を蘇らせるというのはこういうことなのだということを、今、新生
武相
となった桑元監督は、一つひとつ経験しながら具体的にしていっているともいえるのではないだろうか。

 今年の
武相
の夏は終わったが、確かな復活への足取りは、戦国神奈川にさらに拍車がかかりそうな状況を示している。

(文=手束 仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>