試合レポート

生野工vs城東工科

2010.07.27

2010年07月26日 舞洲スタジアム

生野工vs城東工科

2010年夏の大会 第92回大阪大会 4回戦

一覧へ戻る


戦況を見つめる城東工科ナイン

3年間で積み上げたもの

胸が熱くなった。
敗れた城東工科ナインが球場を後にしようとした時、見戸健一監督が少し語気を強めて、こう言ったからだ。
「下向くな、胸張って帰れ」。

見戸監督には様々な想いがあったろう。それを聞こうとは思わない。ただ、指揮官が言うように、下を向く必要などなかった。この3試合で見せた彼らの戦いは見事だった。
だが、このチームにはこのチームにしかない「想い」があったのも、また事実である。しっかりものの主将・山本は堪えても堪えても、込み上げてくる想いと格闘しながら、こう語ってくれた。

「3試合をとうして、エースの杉本を助けてやることができなかった。延長13回を戦った試合から中一日しかなく、それでも杉本は頑張ってくれて、そのなかで僕ら打撃陣が打てなかった。悔しいとかいうよりも、じゅんき(杉本)に申し訳ない。それと、1失点目が秋山の失策からだった。2年生に大きなものを背負わせてしまったこと、それも申し訳ない」。

 仲間を助けてやれなかった……。主将の想いはこのチームが目指してきたものの、総意である。

 大会に参加する以上、どんなチームであれ、勝利を目指すものである。彼らだって勝利を目指してきた。しかし、これほどまでに、選手それぞれがチームを慮ったチームにはそうめぐり合えない。勝ってチームがまとまって優勝を果たすというのはよく見かけるが、城東工科に関して言えば、大会に入る時点で、そうした部分ができあがっていた。

 3試合を完投。計42奪三振の快投を見せたエース杉本は「ワンバウンドをキャッチャーが良く止めてくれた。バックが助けてくれた」と繰り返し、「もっと守備にリズムが出るピッチングがしたい」と口にしていた。一方で山本を中心にした野手陣からは「杉本のために、もっと打ちたい」という言葉が響き続けていた。

 

お互いが普段から口にしあっているかどうかは分からないが、取材をしながら、彼らには目に見えないところで、気持ちのつながりを感じたものである。彼ら見えたのは「自覚」であり、単にチームワークが良いのではなく、それぞれが自己を確立したからゆえの、責任の強さのように思えた。ここに至るまでの道のりに、彼らの想いの深さがあったのではないだろうか。

城東工科は野球以外にも力を入れている。しかし、それは何かの見返りを期待するだけのものではない。見戸監督が以前にこう話していたことがある。

「あれをやったからこうではなくて、いろんなことを経験する中で何かが生まれてくれたらいい」。

毎朝の素手でのトイレ掃除や、ゴミ拾いなど、何を得たというわけではなく、彼らに与えた力があった。杉本は言う。
「トイレ掃除とか、人が嫌がることを自分からやっていく中で、自分と向き合えたかなと思います。監督からは野球部の活動を通じて強くなれということをよく言われてきました。自分自身を作っていくことができた3年間でした」。

器の大きい・小さいはひとそれぞれあるだろう。しかし、大きさにかかわらず、自分というものを確立できるかは非常に大切なことだ。それが、彼らにはあった。だから、それぞれが役割を全うしようとしたし、つながりを生んだのである。

0-2という結果で彼らは大会を去ることになった。しかし、負けたという結果だけではなく、彼らの中に生まれたものは計り知れなく、大きい。
主将の山本は最後、涙をぬぐい強い言葉で、3年間を締めくくった。
「トイレ掃除とか、毎日、みんなで最後までやりきることができた。3年生は誰も逃げ出さなかったので、このチームで戦えたこと、それがうれしいです。何をやるにしても、向上心をもって、上に向かっていく。自分でできるようになっていかなくてはいけないと、学びました。これから先の人生でつなげていきたいと思う」。

 見戸監督は現チームを「公式戦でも、いつもどうり戦えることを示した」と称賛する。それが何より、彼らの続けてきたことの成果なのではないだろうか。指揮官は、それを感じていたから下を向いて欲しくなかったのだろう。

敗戦という結果より、むしろ、その想いが強かったのではないか。そんな気がしている。

(文=氏原 英明


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!