試合レポート

小松島vs生光学園

2010.07.27

2010年07月26日 オロナミンC球場  

小松島vs生光学園

2010年夏の大会 第92回徳島大会 準決勝

一覧へ戻る


西口元気(小松島)

エースの「責任感」

(試合経過)
強打を売りとする両者が激突した準決勝。双方二桁安打を放った乱打戦を制したのは小松島であった。2対3の1点ビハインドで迎えた4回裏、1番・中村広樹(3年)の2点タイムリー3塁打などで
生光学園
先発右腕の木下雄介(2年)から3点を奪い逆転すると、5回には相手3投手から中村の2打席連続となる2点タイムリー3塁打など打者12人で6点、6回にも2点を追加し、7回コールドで昭和53年(1978年)1県1代表制度導入以来、7年ぶり3度目の決勝進出を決めた。

一方の
生光学園
小松島を上回る12安打をエース左腕・西口元気(3年)に浴びせたものの、「余計な点を与えすぎた」(山北栄治監督)12与四死球、3失策に代表されるディフェンス面の乱れが大きく響く形に。7回「来た球を思い切って振った」3番・古川敬也(3年)によるライトポール直撃の大会第4号も実らず、悲願の初甲子園は後輩たちに託される形となった。

(インサイドコラム)
7回12安打6失点。小松島のエース西口元気(3年)はマウンド上でもがき苦しんでいた。開幕戦の海部戦では躍動感にあふれていたフォームは乱れ、ボールは走らず、ストライクを取りにいっては痛打を浴びる繰り返し。これまでの3試合で延長戦1試合を含む全29イニングをたった1人で投げ抜いてきた疲労は誰が見ても明らかであった。味方打線の大量援護で試合はコールドで終わったものの、1つ間違えば試合は逆の結果になっていたであろう。

それでも試合後、西口は一切の言い訳を封印。涙ながらに引き上げる
生光学園
の選手たちを見つめ「ええチームでした」と讃えた後、「僕らは4チームの想いを感じつつ甲子園に行きたい」と決勝戦への強い決意を再び示した。「秋の四国大会では岡豊(高知)から相手を下に見ないこと、春の四国大会では野村(愛媛)から我慢強さを学んだ」とこれまでも相手をリスペクトすることで成長を続けてきた左腕。その謙虚な姿勢は昨秋、今春に続く県大会全冠制覇がかかった決勝戦でも全く揺るぐことはない。

その決勝戦は準決勝翌日。疲労を完全に回復させることは難しいだろう。しかし最後に西口は最後にこう締めくくった。

「起用法は豊富(尚博)監督が決めることですが、僕自身は投げきりたいです」。

そう、その気持ちがエースの「責任感」である。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>