試合レポート

八代東vs熊本工

2010.07.26

2010年07月25日 藤崎台県営野球場  

八代東vs熊本工

2010年夏の大会 第92回熊本大会 準決勝

一覧へ戻る

勝利の瞬間

野球を通じて出会えた仲間

粘って、粘って、そして多彩な攻めは鮮やかだった――。

夏連覇を狙う第1シード・熊本工と今大会ノーシードながら、シード校を撃破し、勢いに乗る

八代東


最大の焦点は、今春以降、県内の公式戦3冠を誇る無敵の左腕・月田雄介に

八代東

の強力打線がどう挑むかであった。
まず、

八代東

は積極的に攻めた。
“野球はツーアウトから”まさにその言葉を証明してくれたかのように。
1回、2死走者なしから3番・廣井元稀の左前安打が出塁するとすぐさま盗塁し、二塁へ。続く4番・平賀聖崇が右前へ適時打を放ち先制。4回にも2死走者なしから5番・稲田充昭、6番・稲村恭司、7番・西村悠矢の3連打でさらに1点追加。
そして極めつけは5回のバントを絡めた鮮やかな攻めである。

1番・坂本将一が三塁前に転がすセーフティーバントを決めると続く2番・中村圭佑も同じく三塁前に転がすセーフティーバントを決める。全く同じ場面を見ていたのかと錯覚するような2者連続セーフティーバントである。

さらに続く3番・廣井もまさかまさかの同じく三塁前へのセーフティーを試みるが失敗。しかし、廣井は直後に右前へ適時打を放ち、その勢いに乗った4番・平賀もピッチャー強襲の内野安打を放つなど

八代東

はこの回、一挙3点を奪った。
さらに終盤の8回には9番・柳口将史のセーフティースクイズ、9回には6番・稲村の内野安打で1点ずつ追加した。

結局、

八代東

の放った13本の安打はすべて単打であったようにコンパクトでシャープな打撃と小技が光った。それにしても、

八代東

は臆さず積極的に攻めてくる。それは、守りに入らないという攻めの気持ちを持った“チーム八代東”を物語っているようだった。

投手陣も光った。1回と3回に1死2,3塁のピンチにも先発の本村蓮が冷静に粘って、粘って、クリーンアップを仕留めた。
「打たせて、打たせて、みんなが守ってる」。ピンチに鬼塚博光監督がメガホンを持ち、マウンド上の本村に声を掛ける。そしてそれに気付いた本村が指揮官の方を見てうなずく。ブルペンで投球練習中の増田優貴にも「増田~準備はOKか?攻めていけよ~」という指揮官に増田は笑顔でうなずく。そして5回からマウンドに立った増田は、その言葉通り、攻めのピッチングが光り、強打の熊本工打線相手に5回を投げ、被安打1と好投。本村、増田のリレーで王者・熊本工を完封したのだ。

熊本工のエース・月田雄介は5回、右膝に打球を受け、負傷し、立てなくなった。その治療のため、約9分間の試合中断を経て再びマウンドへ戻ってきたエースにスタンドの観客から拍手が、そして八代東ベンチからも温かい拍手が送られた。
しかし、投げても、投げても、右足に力が入らない。その気持ちは、見ていても痛いほど伝わってくる。毎回、ベンチになんとか戻ってもベンチの階段を降りられないほどであった。それでもエースは投げた。
「(足を負傷したことで)言い訳はしないです。交代せず、自分からいきますと言いました。気持ちで投げました」と涙を拭いながら振り返る言葉に名門のマウンドを守り続けたエースのプライドがにじみ出ていた。

「チームの雰囲気としては、序盤は硬かったが、途中から緊張がほぐれハツラツとプレーできました」と

八代東

のキャプテン・廣井が報道陣のインタビューを受けていると、その片隅で先にインタビューを終えた熊本工の月田が

八代東

の廣井を待っていた。
中学時代、同じ熊本市内で、月田は花陵中学、廣井は井芹中学とお互い軟式で戦ってきた仲で顔見知り。いや、それは小学時代からかも知れない。
それに気付き、一時インタビューを止めてもらい、廣井を月田のもとへ連れて行った。
そしてその光景をみた報道陣は誰も声を掛けず、二人をそっとしておいた。
互いに想いを込め、そして時折、笑顔でみせながら肩をたたき合いあう二人は、どんな会話を交わしたのだろう。
その内容は二人だけしかわからない――。
でも、その光景はお互いの気持ちがジーンと伝わってくる瞬間であった。

“野球を通じて出会えた仲間”それは本当にかけがえのないものだ。

(文=PN アストロ


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>