試合レポート

横浜隼人vs日大高

2010.07.24

2010年07月24日 保土ヶ谷球場

横浜隼人vs日大高

2010年夏の大会 第92回神奈川大会 5回戦

一覧へ戻る

横浜隼人、打線が爆発!!2年連続甲子園へ視界良好!!

保土ヶ谷球場は第一試合、横浜創学館の試合が終わっても高校野球ファンは席をたたない。第二試合もお客さんは一杯だ。
お目当ては、日大高・丸岡。横浜隼人・今岡。
共に昨年からマウンドを守っているエースである。
丸岡は1年秋に関東大会を経験し、今岡は昨夏、甲子園を経験した。
全国大会の場数も踏んでいる好投手を配する両校だけに投手戦が予想された。

しかし、試合は横浜隼人打線が爆発。
12対1で、横浜隼人

日大高

を下し、準々決勝へと駒を進めた。
まさかの展開である。

この試合。大きなポイントは2点。
一つは初回の今岡のプレー。
1回表、今岡は先頭の浦谷を四球で出すも、2番三重野の犠打を今岡が好判断で1-4-6のダブルプレーで切り抜けた。入り方が難しい初回の立ち上がり。みずからのプレーでピンチを切り抜けたことで横浜隼人は良い流れでその裏の攻撃に入ることができた。

そしてもう一つは試合中の気づきである。
1回裏、横浜隼人は1アウトから2番工藤がデッドボールで出塁すると、その後、3番中島ライト前ヒットから6番菅野の走者一掃のタイムリースリーベースヒットまでなんと4連打で一挙、4点をあげた。
更に

日大高

にとって悪い流れは味方のミスも誘発。エラーもからみ、更にこの回2失点。
初回に一挙6点を追う苦しい立ち上がりとなった。
続く2回裏にも横浜隼人は2アウトから3点をあげた。
ここまでの得点9点は、すべてランナーをためてからの3本のタイムリースリーベースヒットによるもの。
今日の保土ヶ谷球場の第二試合は風の影響か、ライトへの打球がよく伸びる。
そのタイムリーは,すべてライトの頭上を越えるスリーベースヒット。気づく力があれば、2本目以降は防げた、対応できた打球だけにもったいない失点であった。

一方、試合中の対応という点で、横浜隼人には意思があった。
その場面は、3回表、

日大高

のこの日唯一となる1点となった、2番三重野のレフトの頭上を抜けるタイムリーツーベースヒットの場面。これはシフトにより左中間に守っていたレフトの頭上をぬけたもので、いってみればまさに計算通り。結果として、タイムリーになったが横浜隼人のチームとしての意思を感じた。
意思を明確にしているチームは強い。

早いイニングでこれだけの点差をつければ、当然、試合を優位に進めることができる。
結局試合は横浜隼人ナインが良い意味で点差を余裕に変え、4回にも3点を追加し

日大高

を5回コールドで寄り切った。

強豪対決を制しベスト8進出。
2年連続甲子園へ。
横浜隼人がまた一歩聖地へ近づいた。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!