試合レポート

日大藤沢vs藤沢西

2010.07.20

2010年07月19日 横浜スタジアム

日大藤沢vs藤沢西

2010年夏の大会 第92回神奈川大会 3回戦

一覧へ戻る

島仲(日大藤沢)

ガッツ溢れる日大藤沢に秘められたポジショニングのうまさ・カバーリングの徹底

横浜スタジアム2試合目。日大藤沢藤沢西の対決。筆者にとって日大藤沢は今春の県大会以来の観戦である。この時、目に留まったのがキャッチャーの島仲忠寛(3年)である。日大藤沢は伝統的に好キャッチャーを育てる土壌にあるが、彼も川辺(明大)以来の好捕手。彼は声を大きく張り上げて、ナインをがんがん引っ張る。そしてスローイングタイム1.8秒台を計測する強肩で、フットワークも良く、打撃も勝負強さを兼ね備えており、攻守ともに優れたキャッチャー。好選手に共通する存在感がある選手で、今年の日大藤沢は彼抜きでは語れない選手だろう。彼だけではなく、桐蔭学園の敗戦から選手たちが成長した姿を見ておきたかった。

藤沢西は昨年のレギュラーが多く残る好チーム。ノックを見るときびきびとした動きを見せており、また試合中、投手が投球練習をしている際には全員がベンチから出て、タイミングを測っているなど、なかなか意識が高いチームであった。試合は藤沢西の先攻で試合が始まった。

1回の表、藤沢西はツーアウトから四球で出塁したものの、無失点。日大藤沢の先発吉田 直也(3年)は上々の立ち上がりを見せる。
1回の裏、日大藤沢は藤沢西の涌井大樹(2年)を捉える。1番小林諭尚(3年)が右中間を破るスリーベースヒット。2番石橋賢人(3年)が歩いて、ノーアウト1,3塁となって3番篠原恭介(3年)のセカンドゴロで小村がスタート。セカンドはホームへ投げられず、一塁へ。日大藤沢が1点を先制する。ここで4番の島仲。甘く入った変化球を捉えて右中間を破るツーベース。一塁ランナーがホームインし、2対0とする。

更に3回の裏。ワンアウトから2番石橋がレフト前ヒット。3番篠原のセカンドゴロでツーアウト二塁となって、4番島仲。島仲は歩いて、ツーアウト1,2塁となって5番三戸がレフト前ヒット。二塁走者石橋がホームイン。さらに6番落合拓(3年)がレフト前ヒットで、島仲がホームイン。更に1点を追加し、4対0とする。

日大藤沢の先発吉田は好投。背番号7を着ける投手だが、右サイドスローからコントロール良く投げ分けていき、打たせて取っていく。

8回の表、藤沢西が9番小菅 望(3年)がサードのエラーで出塁。ツーアウトとなって3番本田航(3年)がレフト前ヒットでツーアウト1,2塁となって4番宮沢直人(3年)がライト前ヒット。二塁走者が三塁を蹴ってホームへ。藤沢西が1点を返すかと思われたが、ここからが素晴らしかった。ライトーファーストーキャッチャーと中継して、クロスプレーに。判定はアウト。日大藤沢、無駄のない連係プレーで点を阻止した。

8回の裏、先頭の島仲が四球。彼は選球眼がかなり良く、無駄な球は打たない。5番三戸雄介(3年)がセンターの頭を超えるスリーベース。島仲がホームイン。さらに7番片岡宏之(3年)の犠牲フライで1点を加え、6対0とした。
そして9回の表、ワンアウトからヒットとエラーでワンアウト1,2塁のピンチを迎えたが、後続をしっかりと抑えてゲームセット。日大藤沢が4回戦進出を決めた。

まさに対照的なチームだ。スマートな野球を見せる桐光学園に対して、日大藤沢は感情を表に出し、思い切りの良いチーム。二塁打を打てば、大きくガッツポーズ。そしてホームインすれば、ベンチ前でガッツポーズし、大きく喜びをあらわす。また外野手は際どい打球は躊躇すること飛び込んでいき、捕りにいくのだ。ガッツポーズすることは半ばタブーされており、有名な指導者、教育者になるほど禁止する風潮がある。

筆者はどちらかというとガッツポーズ肯定派で、必要以上にガッツポーズを否定するのは如何なものかと思っていた。なぜなら見ていて気持ちが良いのだ。彼らの笑顔を見ると、あれほど喜びをあらわすとこちらも楽しい気分になる。相手チームの配慮を考えれば、自粛するべきという見方を否定するつもりはない。ただ日大藤沢のナインの喜びようを見ているとガッツポーズは見ているものにとっても気持ちが良いものだと感じた。感情を表に出すチームに見られがちだが、このチーム、走攻守に渡って完成度が高いチームなのだ。1番~9番までしっかりと振り抜くことができており、打球はかなり速い。ずば抜けた長打力を持った選手は少ないものの、確実にミートできる選手が多く、なかなか侮れない打線なのだ。そして走塁もレフト前ヒットからでもホームへ還ることができており、無駄のない走塁が徹底できている。

一番素晴らしかったのが外野手の守備とポジショニング。打球に対しての反応が速く、落下点に入るのが速いし、抜けそうな打球を確実に捕球しているのだ。日大藤沢の守備陣ではなかったら、吉田投手は完封できなかっただろう。また無駄のない連係プレーとカバーリングも徹底されており、きちっとしたところはしっかりと締める良いチームであった。次は第一シードの桐光学園と対決。お互い完成度が高いチームだけに接戦が予想されそうだ。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード